『下仁田と銚子は川で繋がっている』 下仁田 JGN関東大会 (下)

■ 下仁田 JGN関東大会 (下)
                                  ≪ (中)からの続き ≫ 

帰途にも、下仁田-銚子間を往復する車に同乗した市民の会のスタッフ達と共に、川井の断層」と「下仁田道の駅」と「冨岡製糸場」の3ヶ所に立寄りました。

 川井の断層へ行く際は、前日同様、牧口橋で西牧を渡り、今回は県道45号から右折して、西牧川沿いの小道を北上、善福寺の手前に下仁田GPが建てたジオサイト標識から、長めの石段とやや急な坂道を降りて、青岩が続く河原に到着し、の対岸を眺めました

大北野~岩山断層地図Ed4川井の断層は先ず、西牧川の対岸、諏訪神社が建つ崖面に見えます。
 次に、川の手前の青岩を登って鬼渕(オニブチ)の際まで行き、善福寺側の崖面を振り向くと、対になる断層を確認できました。
 断層の手前は緑色岩で、断層の向こう側は「下仁田層」と呼ばれる2,000万年前の砂質泥岩層です。
 断層部分には黒いガウジ(断の活動によって破砕されて形成された粘土)が見られます。
 断層は川床を通り、対岸の崖まで走っています。鬼渕の川床にも
  図6.川井の断層(赤線部分)引用:『日曜地学散歩』みやま文庫(1971年)    ガウジが確認できるそうです。
 川井の断層は「大野(オギタノ)-岩山断層」の露頭で、これがこの地の中央構造線と見做されています。中央構造線の露頭としては北端に近い位置にあり、この続きは、やや南下しながら東へ伸びて、千葉ないし茨城の海底に到達するそうです。

諏訪神社拝殿彫刻Ed 川井の断層から戻って善福寺の門前を通り、八千代橋を渡って小道に右折すると、諏訪神社の鳥居が見えます。
 分水嶺を超えれば佐久平(長野県)に続くこの地を護る諏訪神社の華麗!!な彫刻は、本殿・拝殿の再建時(1837年)に諏訪から招いた棟梁=矢崎善次と子の房之進・林之丞によるもので、諏訪大社下社春宮(諏訪郡下諏訪町)と同じ大隈流です。
 この諏訪神社と断層を挟んで龍栖寺があり、明治の廃仏毀
(ハイブツキシャク)までは、訪大社本宮(諏訪市)から勧請された諏訪神社を管轄する別当寺になっていたそうです。龍栖  図7.諏訪神社唐破風彫刻引用:下仁田町HP)
四国と同じく、中央構造線周辺ではお馴染みの真言宗なことにも、興味が湧きます。
 因みに、西へと続く中央構造線の端点は杖突(ツエツキ)峠にあり、ほど近い守屋(モリヤ)山は、中央構造線とフォッサマグナの交点の山で、訪大社のご神体山として知られています。

国道254号の【富岡-下仁田-佐久】間は、江戸時代には「岡街道」と呼ばれ、大名の通る中山道とは異なり、商人や女性が多く利用する脇往還として、別名「姫街道」と呼ばれていました。
 今回、下仁田の町中に「姫街道」の標識の石柱を確認することが出来ました。現在、この区間は、上信越自動車道がほぼ並走しています。 

繰糸所_富岡製糸場Ed2次の富岡製糸場では、「東置繭(オキマユ)」と「繰糸
(ソウシ)
見学しました。
 フランスから来日した明治のお雇い外国人ポール・ブリューナが、全体の設計を行い、土地を選定し、地元の工女の在来の糸繰り手法を取り入れて繰糸機を特注したそうです。
 ブリューナ建物の設計を、横須賀製鉄所(現・在日米軍須賀海軍施設)の設計経験を買って、同じフランス人のエドモン・オーギュスト・バスチャンに依頼しました。
図8.繰糸所引用:群馬県世界遺産課のリーフレット)

東置繭所_富岡製糸場Ed2東西の置繭所と繰糸は、木骨煉瓦造りの広大な建物です
 未だ電灯の無かった時代、バスチャンは、工場内に光を集めるべく「トラス構造」を採用しました。室内に柱がなく、天井が高く、大きな採光窓があります。三角形を単位として組まれた安定した構造は、140年を超える長きに亘り、幾多の地震に耐えてきました。

煉瓦は、舞鶴海軍工廠(コウショウ)などと同じく、華やかな「フランス積み」です。余り知られていませんが、この技法は猿田神社(銚子)の先神(センカミ)橋にも採用されています。
 初代場長=尾高淳忠は、石材・木材・煉瓦・漆喰等を周辺地 図9.フランス積み引用:図8のリーフレット)
甘楽郡(群馬県)などで調達ました。           
 煉瓦は、奈良時代に始まる瓦の産地=深谷(埼玉県)から呼び寄せた瓦職人が、鏑川南岸の河岸段丘上の良質な粘土産地=福島(甘楽郡)で、段丘を利用した登り窯を築いて焼成しました。煉瓦を国内で調達したプロセスは、岡製糸場の2年後に竣工した犬吠埼灯台銚子)とも似ています。

 明治初期、生糸増産のために先進地の視察を行う際は、「機械製糸は岡製糸場に、養蚕技術は田島弥平伊勢崎に学ぶ」のがモデル・コースだったそうです。因みに、1反の布を織るには2,700頭の蚕と90kgの桑の葉が必要と言われています。
 富岡製糸場は、1872年図9.参照に国営で開業し、1893年に民間に払い下げられ、三井家など幾つかの企業の手を経た後、1987年に操業を停止しました。
 最後のオーナー片倉工業は、閉業後も当初の工法で修復工事を続け、2005年に良好な状態で岡市に寄贈されたことが、世界遺産登録に繋がったそうです。
 年月と共に風格を増して国宝にもなった建物を鑑賞し、絹織物の輸出が日本の成長を支えた時代に思いを馳せました。
 製糸場の敷地の中を南へ進むと、建物群の外に桜の並木があり、その先のフェンスの下は急な崖になっています。崖下には川幅を増した鏑川が流れ、フェンスを潜って太い廃水パイプが川岸に向けて引かれていました。
 鏑川の南には、上信越自動車道を越えて、正面にオドケ山、左手に東西の御荷鉾(ミカボ)山の樹林に覆われた峰が続いています。いつかは登ってみたいジュラ紀・玄武岩の山々=御荷鉾三山です。

ここで、川に着目して今回のまとめを行います。
 青倉川は、クリッペの見られる跡倉で南牧
川に合流します。神津牧場のある物見山を水源とする西牧川は、川井の断層の上を通過し、青岩公園付近で南牧川と合流して鏑川となります。
 鏑川は、
下仁田駅の側を流れ、岡製糸場の南の崖下を通って、阿久津町(高崎市)で烏川合流します。烏川は、奈良時代に始まる絹織物の産地で、今では大工業都市になった伊勢崎(群馬県)において、利根川に合流します。

 即ち、下仁田に降った雨は銚子で太平洋に注ぎます。
 言い換えれば、『下仁田銚子は川で繋がっている』


     文責画像編集 : 銚子ジオパーク推進市民の会(伊藤 小糸

  

『下仁田と銚子は川で繋がっている』 下仁田 JGN関東大会 (中)

グ

■ 下仁田 JGN関東大会 進み、(中)
                                  ≪ (上)からの続き ≫

2日目は、大会オプションとなっているジオツアーの開始までに間があったので、自分が選択したジオツアーに含まれない町中のジオサイト=「青岩公園」と「跡倉クリッペの滑り面」を、下仁田-銚子
間を往復する車に同乗した市民の会のスタッフ達と共に見学しました。

⑪青石公園(3)Ed2 
下仁田の駅前通りを西に進み、最初の信号を左折、県道45号を南進し、牧口橋で西牧(サイモク)川を渡り新合之瀬(シンアイノセ)橋で南牧(ナンモク)川を渡ります。
 青岩公園は、西牧川と南牧川が合流した鏑(カブラ)川の中の小島にあります。新合之瀬橋の袂から、ポケット・パークを通り、遊歩道になった小橋を渡ると、岩場に着きます。
 御荷鉾(ミカブ緑色岩の青緑色が印象的です。岩の名前は、神流(カンナ)町(群馬県多野郡)の御荷鉾(ミカボ)山に由来し
     図3.青岩公園の緑色岩      ます。
 この岩は中生代ジュラ紀に付加体となった溶岩やその破に由来し、白亜紀後期に、「三波川帯」的な低温高圧型の変性を弱めに受けた緑色岩です。
 2年前の全国大会の地=南アルプスGPでは、「夕立神(ユウダチカミ)展望台に登り、青岩公園と同質の岩の上に立ち、約2億年前に太平洋の海底に噴出した玄武岩由来の御荷鉾(ミカブ海台が辿った大陸縁までの旅程想像したことを思い出しました。

⑫クリッペEd2 次の見学地へは、再び新合之瀬橋を渡り、県道45号に戻って南牧川の北岸を進みます。途中、大きく左カーブして県道
172号に乗り、
南牧川を渡って、「跡倉層」と呼ばれる白亜紀の砂岩で出来た大崩(オオグイ)の西麓を青倉川に沿って登ります。
 「下仁田自然史館」の前に車を停めて道路を渡ると、下仁田GPが建てた跡倉クリッペのジオサイト標識があり、ここから青倉川への小道を降りて行きます。
 跡倉では、青倉川の中を飛び石伝いに進み、川の中から対岸      図4.跡倉のクリッペ      
を眺めると、緑色岩と、それに低角で載るクリッペとの境断層がありました。
 クリッペには樹木が覆い被さり、岩の視認性が低下していました。
 それでも、上盤の「跡倉層」の滑り面に出来た条線や、下盤の緑色岩の破砕帯が一部に黒っぽい蛇紋岩を含む様子は、何とか確認することが出来ました。          

ジオツアーは先ず荒船山に向かいます。下仁田の駅前通りを西に進み、最初の信号を今回は右折、県道45号を北進すると、国道254号に出て西進します。「荒船の湯」付近から県道44号に入ります。目的地は「荒船風穴」で、狭い急カーブが続きます。このアプローチのために参加者は、バスではなく、駅前から複数のタクシーに分乗しました。

⑤風穴(1)Ed2山(標高1,423m)は、新第三紀中新世(約700万年前)の噴火活動で形成された直径10kmのカルデラで、浸食に強い安山岩溶岩が盾状に残って聳えています。ここの艫(トモ)岩に食い込む「昇天の氷柱」はアルパイン・クライミング有名です。
 荒風穴はの中腹(標高840m)にあり、流動性に富む安山岩質の角礫岩の崩落が形成した、分厚い(最大厚さ20m)崖錐堆積物の隙間から冷気が噴き出します。
      図5.荒船の風穴        冬場に外気で岩塊が冷やされて凍土が出来、春に雪解け水が供給されると隙間に氷が成長し、夏場には凍土とが溶けながら冷気を生み出しているそうです。
 崖錐堆積物の末端に石垣を組み、蚕種(蚕の卵)の冷蔵庫として孵化時期の調整に活用したことが分ります。その結果、従来は春だけしか出来なかった養蚕を、夏から秋にかけても可能にし、生糸生産量が飛躍的に増大しました。
 この貯蔵施設は、地元の養蚕家=庭屋静太郎1905年に構築し、風穴の入り口には番人を置いていたそうです。最盛期には蚕種が付いた紙70万枚を貯蔵し、全国一の規模で事業展開していました。
 大自然の妙だけでなく、それに気付いて産業にまで発展させた、明治人の心意気に脱帽するばかりですが、2014年、「富岡製糸場と絹産業遺産群の一つとして世界遺産に指定され、保護されています。

 ジオツアーの2番目の訪問地は
「神津牧場」です。同じ県道44号を更に登ります。道は更に狭く、ヘアピン・カーブを何度も繰り返し、牧場に近づきます。
 牧場は、山と同じ新第三紀の安山岩から成る物見山(標高1,375mの東斜面(標高1,000m)にあり、神津邦太郎が開いた日本最初(1887年創業)の洋式牧場、ジャージー牛と資源循環型の牧場経営で有名です。
 山を登るにつれて霧が深くなり、期待された景色はおろか、直前の車もやっと見えるくらいの濃霧に包まれました。
 この山に馴れている人達は、「霧の中の幻想的な牧場もいいものだ」と会話していましたが、そこかしこに見られる立ち枯れたアザミの花に、夏の山の美しさを思いました。
 もうじき今年の営業を終える「牧場広場」の売店では、念願のジャージー牛乳のソフトクリームを食べたり、バターや種類の豊富なチーズを買い求めたりしました。

 山を降りて、鏑川にほど近い下仁田駅前に戻り、大正元年創業の割烹旅館「常盤館」で昼食になりました。
 ここは、下仁田街道(別名:姫街道)沿いの商人宿で、木材・ネギ・コンニャクなどを買い付ける人々で賑ったようで、当時の面影を残す内装に心を惹かれました。
 昭和初期には、銚子にも所縁のある画家の竹久夢二も逗留したそうです。
 食事は、皿数も多く、満足の行く美味しさでした。ここまでで、ジオツアーは終わりです。


                                     ≪ (下)に続く ≫

     文責画像処理: 銚子ジオパーク推進市民の会(伊藤 小糸
     画像提供 : 銚子ジオパーク推進市民の会(房州 文子
 

『下仁田と銚子は川で繋がっている』 下仁田JGN関東大会 (上)

■ 下仁田 JGN関東大会 (上) 


  先月の11月20~21日に、銚子ジオパーク推進市民の会(以後、市民の会と略称)は、銚子から四台の車に14人で分乗して、関東大会に参加しました。
①ねぎ祭りEd2 初日は青空の下、特産の下仁田「ネギ祭り」会場で、午後1時から始まりました。
 
参加した9ヶ所の正会員GPおよび2ヶ所の準会員GPが屋外ステージの壇上に上がって、2分間スピーチをしました。銚子ジオパーク(以後、ジオパーク⇒GPと略称)は、お馴染みになった「いい銚子」のポーズ(”C”のゼスチュア)で参加者にアピールしました。
 PRブースでは7ヶ所の正会員GPが展示を行い、銚子GPも南ア     図1.ステージで「いい銚子」   ルプスGPと一緒のテントで、パンフレットの配布や特産品販売を行いました。

 午後2時からは、
下仁田文化ホールで、元・下仁田教育長の里中氏と、元・下仁田中学校教諭の神戸氏による、基調講演が行われました。
 
里中氏の『下仁田自然学校の活動について』では、下仁田のジオ活動の象徴=「下仁田自然学校」で創立当初から長きに亘り、町民だけでなく全国の賛同者を率いて来られた経験を、聞くことが出来ました。
 
神戸氏の『郷土を活かした学校連携プログラム・・・下仁田学習』では、理科・社会・総合学習の時間を使い、小中学生が連携して、地質・歴史・暮らしといった多岐に亘るジオに取り組んで来た様子が、活き活きと語られました。
 下仁田自然学校の活動拠点=「下仁田自然史館」は、明治7年以来125年の歴史に幕を引いて1999年に廃校になった、青倉小学校の校舎を利用して開設されたものだそうです。

③分科会Ed2 講演終了後、
市民の会の14名は、下仁田文化ホールないし下仁田公民館に分かれて、予め登録しておいた3種類の分科会の何れかに参加しました。
 私は「ジオストーリー」の分科会に参加しました。ここは参加者が最も多かったので、8つのに分かれて討議し、その結果をごとに模造紙にまとめて発表しました。

 私は1班に配置されていました。班内は石
に関心の高い人が多かったので、石をテーマにしたジオツアーを企画し、   図2.ジオストーリーの討議風景    発表しました。
 班内にいる6ヶ所のGPを3分割し、3種類の石材見学ツアーを企画しました。銚子は、「水郷筑波国定公園」を共有し、最も近い筑波山地域GPと連携して企画を進めました。

名高い筑波山の花崗岩だけでなく、中世から昭和前期まで砥石・屋根型墓石・宝印塔ホウギョウイント
・垣根に多用されたものの今では採掘を中止した銚子石を始め、中世から社寺の礎石や垣根に利用されたものの今では資源が枯渇した飯岡石の見学もルートに組み込んで、他の班にアピールしました。

 大会のプログラムは
分科会をもって終了し、夕刻から交流会が開かれました。
 交流会の食事では、下仁田ネギとコンニャクが多用されていました。加熱すると甘味を増す下仁田ネギの特徴を活かした、ネギのパスタが美味しく感じられました。

                                  ≪ (中)に続く ≫

     文責画像処理: 銚子ジオパーク推進市民の会(伊藤 小糸
     画像提供 : 銚子ジオパーク推進市民の会(房州 文子
 

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ