5月9日(木)午後2時55分~4時25分に、2013基礎講座の第1回が開催され、50名程の参加者がありました。うち、新入生は15人ほどでした。この講座が昼間に開催されたのは初めてですが、今迄、時間帯の都合で参加できなかった新しい顔ぶれが見られました。
 今回から、講座の
受付は、千葉科学大学の学生さん達が全て、やって下さいます。学生さん達、有難うございます。
 講座の開講にあたり、「市民の会」の工藤会長、および講義担当の安藤准教授から挨拶があり、ジオパークのガイド養成講座の目標を確認しました。

審査_屏風ヶ浦710 現在、「銚子ジオパーク市民の会」では、銚子ジオパークをご案内するガイドが不足しています。
 基礎講座の修了試験に合格し、続くマスター講座を修了し、その間にガイドの演習を何度もこなしていくことで、ガイド・デビューが可能になります。
 今回の講座を受講された皆さんが、一人でも多く、ガイド・デビューされて、銚子ジオパークの魅力を発信されることを、祈っております。
【左上:屏風ヶ浦をご案内するガイド】

 アンモナイト
今回のテーマは、「地球の歴史」です。
 地質時代区分の講義では、配布されたA3サイズの年代表を、学習者自身が工夫して色分けすれば理解が深まると、安藤先生からアドバイスがありました。
 相対年代による地質時代は、動物の進化を基準にして区分けされていること、植物は、それを捕食する動物よりも、先行して進化してゆくことが説明されました。                     【右上:犬吠埼で発見されたアンモナイト:銚子市青少年文化会館で展示中】
 地球の46億年を24時間に当てはめると、人類の出現した258万年前 (新生代第四紀)は、45秒前に当たるそうです。
 
地球46億年の歴史が、今迄、どのように解明されているか、解明するに当たって用いた手法についての解説がありました。 
    
犬岩Ed 銚子の地層で特筆すべき点(年代が新しい順)  
  ① 屏風ヶ浦の名洗層には、新第三紀と第四紀の境界があり、ほぼ、人類誕生の時代に相当する。 
  ② 日本海が開き始める前の時代、銚子半島東岸には火山列があり、 古銅輝石安山岩と呼ばれる、マグネシウムの成分比率の高い安山岩が噴出した。この地層は、夫婦ヶ鼻層の下部層に相当する
 ③ 犬吠埼周辺には、アンモナイトなどの浅海性堆積物を含む銚子層群の地層が露頭しているが、 銚子層群を含む白亜紀はまた、恐竜が跋扈した時代でもある。左上:ジュラ紀愛宕山層群の犬岩:犬若岬
 ④ ジュラ紀の愛宕山層群の堅固な地層が基底にあること銚子半島の独特な形状がされ、三方
を水域に囲まれた海洋性気候により、漁業だけでなく、醤油醸造・キャベツ栽培・風力発電に成功している。                                               【右下総台地上のキャベツ畑と風力発電施設 
 

風車キャベツ 1年前に2012基礎講座が始まった頃の銚子
は、「日本ジオパーク」の会員認定を目指して、準備活動の最中でした。
 安藤先生を始めとして、多くの市民の皆様の活動の成果が実り、
「日本ジオパーク」の会員に認定された現在の銚子は、ジオパーク会員として多くの課題をこなすことが要請されています。

 ボランティアとして活動している私たち一人一人が、「
今、銚子ジオパークのめに何ができるか?」を考えることからスタートし、一人では小さな力しか持てなくとも、、多くの皆様との連携によって、題を一つつこなして行きたいと存じます。