「秩父ジオパーク」訪問記(中)
                                               
≪ (上)からの続き ≫
  
 視察2日目、午前中は伊東市役所内で会合、午後は修善寺(伊豆市)に移動して、夜半まで会合に参加し、もう一度移動して、21時以降で伊豆長岡に投宿の予定です。

 伊東市役所内では、伊豆半島GP推進協スタッフによる運営体制の解説と質疑応答。説明側として、地学の選任研究員1名、静岡県からの出向者1名、伊東市からの出向者1名が参加されていました。

 将来は「伊豆学」を目指すという、教養的な意味合いの濃い「ジオパーク検定」と、それとは性格の異なる有料の「ガイド養成講座」の合格者から成る有料ガイドによる「伊豆半島ジオガイド協議会」の在りようは、よく練られたものと思われました。
 伊東地域の火山群を研究していた静岡大学の教授による地方紙への連載コラムがきっかけとなり、静岡県知事や伊東市長も意気投合して、GP運動が始まったことも伺いました。
 
修善寺橋Ed トップダウンでもボトムアップでもなく、ミドルからのアップ⇔ダウンとして機能する推進協のユニークさは、多くの市町を抱える伊豆半島GPには、必須の形態なのかも知れません。推進協のフットワークを軽くしそうな、この組織形態は参考になります。

 昼食は市役所8Fの食堂で、伊東湾を見下ろす絶景を堪能しました。
 この後、箱根と天城の山峡を通る冷川峠を越え、太平洋に注ぐ川の中では唯一の北上する川=狩野川の中流部に掛かる「修善寺橋」を渡って、午後の会合予定地=「修善寺総合会館」を目指しました。                              <図5.修善寺橋下流の狩野川

 2日目午後2時~は、伊豆半島GPのガイド協会の会合に、銚子からのスタッフがオブザーバーとして参加の予定と聞いていましたが、何か手違いがあった模様で、この会合には参加できませんでした。
 この後、市民の会のスタッフが1名帰宅し、総勢6名になりました。

 銚子からのスタッフは、急遽空いた時間を使って、狩野川上流へ向けて下田街道を南下し、湯ヶ島を越えて、小説や歌にその名を知られた『天城越え』に登場する「浄蓮の滝」ジオサイトを、独自に訪問しました。
 浄蓮の滝は、狩野川上流の本谷川に掛かる滝で、滝の岩盤には、綺麗な柱状節理が、カーブを描いて並んでいるのが見えます。
 滝の南東1kmにある鉢窪山は、1万7000年前に噴火した火山のスコリア丘で、その麓から流れ出した溶岩流が、本谷川とその支流=岩尾川が刻む険しい谷を埋め立て、この溶岩台地を流れる川が、滝となって落下するのだそうです。
 今年の中伊豆は少雨と聞いていましたが、滝は見事な水量で落下しており、周辺のハイコモチシダもワサビ田も元気でした。 
 若い頃に来た時は苦にもしなかった、ここの谷底からの登り階段で息切れし、後から来た学生さん達に追い越されました。

天城九制木Ed 滝からの帰途、下田街道を更に南下し、道の駅「天城越え」内にある「昭和の森」会館を訪問し、建物入口を入る前に、背景に広がる「天城山昭和の森自然休養林」の天然林の魅力に圧倒されました。
 天城山は、幕府の天領⇒戦前は皇室御用林として、「天城九制木」=杉・松・桧(ヒノキ)・欅(ケヤキ)・楠(クス)・椹(サワラ)・樫(カシ)・樅・(モミ)・栂 (ツガ)を定め、これらを伐採禁止にして、森を保護していました。この9種の   <図6.天城九制木の樹木標本>    樹木標本が展示されています。

枯野船模型Ed 古事記に登場の古代船「枯野(カラヌ)」、または日本書紀に登場の伊豆国の「軽(カルノ)」の模型も展示してあります(1/5に縮尺して長さ3m)。
 良質の船材=楠を神木とする「軽野神社」(修善寺に近い)に楠を集積し、軽野あるいは船原(湯ヶ島に近い)で船を造り、狩野川から駿河湾まで運んだと考えられているそうです。それが狩野川の由来となり、カヌーの語源となったいう説もあり、夢が膨らみます。                       <図7.古代船「軽」の模型  

鹿食害皮剥ぎEd 「修善寺総合会館」に戻った後、伊豆半島GP推進協スタッフの皆さんと合流し、ここの敷地内でディナー・ミーティングに臨みました。
 「昭和の森」会館の展示に見るまでもなく、古代から船材を出荷してその名を知られた狩野川流域でも、戦後、一斉に行われた杉植林とその後の収益減少による手入れの困難さ、シカの新芽・樹皮食害、等が問題になっているそうです。食事に同席された方のお店では、ジビエ(野生肉)料理を提供されているが、今年はハンターの誤射による事故で狩猟が中断していることなど、房総半島の森林とも共通する切実な話題が登場しました。
  <図8.シカ食害で樹皮を剥かれ枯死した       夕食後は、各地のビジターセンターと連携しながらも、伊豆半島GPの中央  樹木:「 伊豆の自然を守る会 」ブログより   拠点施設として機能することになった、修善寺の施設のあり方を検討する会合に、銚子からのスタッフがオブザーバーとして参加しました。地元の代表は、観光協会を始め、レンタサイクルを置いている修善寺駅前の商店主の方など、多彩でした。
 伊豆半島GPでは、今迄、拠点は伊東に集中していたが、東名・沼津~新幹線・三島からのアクセスの良さに注目し、今後は、修善寺の拠点を重点的に拡充していくそうです。
 会合の終わりに、銚子の推進室の専門員が、パワーポイントを使って、銚子GPのプレゼンを行いました。
 質疑では、銚子のGP大使=「ジオっちょ」でラッピングされた自販機と、「ジオっちょ」や銚子GPのロゴを配した方向表示板のデザインに質問があり、市民の会スタッフが回答しました。

 この会合の開始直前に流れていたビデオ画像は、伊豆半島GPの選任研究員の方が、性能向上と低価格化が目覚ましいラジコン・ヘリで撮影されたものだそうで、海から半島先端部を接写するニーズのある銚子でも、参考になります。       

   文責 :  伊豆半島GP視察に参加したHP&ブログの担当スタッフ  in  銚子ジオパーク推進市民の会

                                              ≪ (下)に続く ≫