ジオパーク秩父主催 『 約2億年前の地層でつながるジオパークの仲間たち

                           ~太古の絆シンポジウム~  参加報告

「秩父帯の集い」開催 

 101日に、「約2億年前の地層でつながるジオパークの仲間たち-太古の絆シンポジウム-」が、秩父市「歴史文化伝承ホール」で開催 
ようばけ&賢治歌碑1461Edされました。
 参加したのは、銚子ジオパーク、下仁田ジオパーク、
ジオパーク秩父、四国西予ジオパーク、おおいた豊後大野ジオパーク、それと特別参加の南アルプス・ジオパークでした。

 15
時開会で、地元合唱団によるコーラス「ジオパーク秩父」の初披露、秩父まるごとジオパーク推進協議会会長の久喜市長挨拶、参加した各ジオパークのバーチャル・ジオツアー、各ジオパークのお国自慢と続き、 17時に閉会しました。

 銚子ジオパークは
5名、下仁田、四国西予、おおいた豊後大野、南アル <写真:ようばけ(約1500万年前の地層)と宮沢賢治(右)&保坂嘉内(左)の歌碑>
プス・ジオパークは各1名(あるいは  さはやかに 半月かかる薄明の 秩父の峡の かへり道かな  宮沢賢治
若干名)、
秩父から事務局はじめ  この山は  小鹿野の町も見へずして 太古の層に 白百合の咲く  保坂嘉内
200名近くが参加し、大盛況でした。 盛岡高等農林学校地質及び土壌教室の「秩父巡検」時(共に20歳)に詠める歌
            
 途中
20分の休憩時間には、会場前のロビーで、各ジオパークのパンフレット展示、ジオの恵みのお菓子や果物なども提供され(「ちちぶ小昼飯」試食)、大賑わいでした。

 ジオパーク間の絆を深めるとともに、ジオパークの中の結束を高め、楽しみながら盛り上げていくことが、とても効果的であることがよくわかりました。
 このほかにも
2回のジオツアー、懇親会、民宿での熱い意見交換会などが開催され、ジオパーク秩父との絆をますます深め合うことができました。                      以 上

   
文責 : 銚子ジオパーク推進市民の会 小玉 健次郎

  (記事は「銚子ジオパーク推進市民の会ニュース」10月号に掲載分)
   (紙面
編集写真撮影編集:市民の会 HPブログ担当スタッフ)