『下総台地と人々の暮らしを辿るジオツアー』 (上)

文化会館受付0155Ed2
  「銚子ジオパーク推進市民の会」(以後、市民の会と略称)は、秋の関東大会開催中のジオツアーに続いて、下総台地と利根川沿いをバスで巡るジオツアーを企画、銚子ジオパーク推進室(以後、推進室と略称)や多くの市民スタッフの協力を得て、5月29日に実施の運びとなりました。
 今年3月に、屏風ケ浦が国指定の名勝及び天然記念物に選ばれたことを受けて、今回は、猿田神社の替わりに屏風ケ浦をコースに加えました。
 実際には40名ほどの申し込みがありましたが、調達できた
バスの座席の都合で、参加受付数を33名に制限しました。図らずも参加展望館入口0162Edお断  <図1.文化会館前で参加を受付けるスタッフ>   りした皆様、ご免なさい。後にキャンセルが1名発生して、お客様32名、エリアによりスタッフ2~3名がバスに添乗しました。他のスタフ5名は、伴走車で随行しました。

 梅雨目前でしたが、日差しの眩しい朝に、ツアーは始まりました。 
 バスが最初に停まった愛宕山(銚子市天王台)と、その上に建つ「地球の丸く見える丘展望館」(以後、展望館と略称)のご案内は、市民の会ガイド2名が、順次、担当しま
展望館屋上0166Ed     <図2.愛宕山の展望館入口へ>    した。
 展望館の屋上からは、遠くまで、330度広域景観が望める筈でしたが、真っ白い靄(モヤ)が海面や川面から立ち上り、筑波嶺はお ろか、屏風ケ浦もおぼろ気です。朝9時20分でも22度あり、気温の急上昇に海面温度が追い付かず、温度差が大きいのでしょう。
 先ず、利根川から太平洋へ、時計回りに銚子の見どころをご紹介する”銚子自慢”、次いで、下総台地の海岸段丘を俯瞰してその成り立ちと利用状況をご説明しました。
 約10万年前以降に相次いで隆起した、隆起年代の異なる複数の
海岸段丘が、下総台地を形成しており、標高の異な     <図3.展望館屋上で”銚子自慢”>   
下総台地俯瞰Ed丘間の斜面には、古来からの照葉林帯残っています。
 同一の海岸段丘の中でも、谷筋には斜面が形成されます。地層が脆く、谷の水流が急な場合は、斜面の土砂を削って上流の地下水と合流する場合があり、”谷頭
(コクトウ)浸食”とばれます。下総台地は、樹枝状の谷頭侵食がよく発達しており、その部分が照葉樹林に覆われているため、屋上から俯瞰すると、不思議な景観を形作っているのがよく分かります。
 斜面以外は耕地として、海風の当たる温暖な東部ではキャベツが、冬に気温が下がる西部では大根が、栽培されていま
展望館2階展示0175Ed    <図4.海岸段丘と商用樹林帯    す。近年は、これらを栽培中の畑地に、風力発電のタワーが35基設置され、土地利用の効率化が図られています

 
屋上から降りて展望館2階に進み、そこに陳列されている、銚子産の化石や岩石をご紹介しました。
 古生代ペルム期(約2億7千万~
2億5千万年前)のフズリナを含む高神礫岩や、1億2千万年前の犬吠埼産の琥珀をご紹介すると、お客様は、岩石以上に強い関心を持たれました。
 長崎海岸(銚子半島東南端)の新生代新第三紀鮮新世(約
一等三角点と愛宕神社0179Ed
500万年前)の地      図5.2階_化石と岩石の展示>    ら発見されたメガロドンの歯の化石を、隣に陳列されている現生のホホジロザメの歯の化石と比べると、メガロドンの巨大さが想像できます。
 
 展望館を出て愛宕山の頂上に登り、「一等三角点高神村」の標識によって、下総台地一の高さを誇る?標高73.62mを確認します。隣には、玉垣を巡らした愛宕神社の石祠があります。ここは、「 火迺要慎(ヒノヨウジン)」のお札で知られる、江
日比友愛の碑0185Ed戸時代に盛えた      <図6.一等三角点と愛宕神社>     「愛宕講」を偲ばせる、火の神を祀っています。表通りのバス停から入る入口の左右にある大型の石灯籠は、愛宕山全体が愛宕神社の神域であることを表わしています。
 愛宕神社と向かい合う位置に大型の斜塔があり、足元の銘板には「日比友愛の碑」と記されています。これは、太平洋戦争時に連合軍との熾烈な戦闘でフィリピンが戦場となり、国民に多大な犠牲を出した日比両国が、恩讐を超えて世界平
日比友愛の碑0189Ed和を祈念すべく、
1958年
に設立され    <図7.日比友愛のモニュメント>   たもので、当時の岸信介首相の揮毫があります。斜塔は浄火の炎を表わし、斜塔の先端は、3,000km先のマヨン山(標高
2,463m
ルソン島)を指しています。
 マヨン山は、フィリピン海プレートの沈み込みで形成された活火山で、現在も活発に活動しており、「ルソン富士」と呼ばれる秀麗な山容で知られます。銚子半島が大きく太平洋に張り出しているために、高神愛宕山からマヨン山までは、
     <図8.日比友愛の碑の銘板>       洋上に遮るものもありませんが、地球が丸いために、お互いを目視することはできません。
 「日比友愛の碑」の銘板の左右には長崎海岸産の噴気孔の多い古銅輝石安山岩が、銘板上部の中央には犬吠埼産の砂岩が、碑の側面には愛宕山から伐り出した高神礫岩が、それぞれ、びっしりと埋め込まれ、「日本列島成立の謎を解く」銚子の岩石群をアピールしています。
 

  写
真提供 : 藤身 隆雄 銚子ジオパーク推進市民の会)
   文責写真編集 : 伊藤 小糸_HP&ブログ担当 (銚子ジオパーク推進市民の会)
 
                                《《  (中)に続く  》》