博物館の企画展

千葉県立関宿城博物館・訪問記

10/7()-11/30()に開催中の企画展
                                       

「通運丸で結ばれた関宿・野田・流山」・・・海運へのターニングポイント・・・

展示構成は、
  ①和船時代の水運・・・川で結ばれた町/物資輸送の主役 船・・・

②通運丸の就航・・蒸気船/内燃機船・・ 
  ③繁栄する関宿・野田・流山/町の状況

④船の輸送のうつりかわり・・・通運丸の終焉/競合する交通手段と自然災害・・・

              ・・・貿易振興と海運政策・・・海の彼方に・・・
 

・講演要旨  物流博物館・学芸員 玉井 幹司 氏  平成261019()13:30-15:30
   

 レジメによると、和船時代の関宿銚子間(30)下り20時間上り7-8日、関宿東京間(20)下り2(急行半日)上り4(無風時は5-6日も、急行2)を要した。

利根川は、野田の瀬戸以西から関宿までは水深が浅いために、明治の汽船時代になってからは利根川・江戸川の汽船ネットワークから除かれていたようだ。関宿行徳間4時間半の汽船・行徳木下間の9時間の徒歩陸行・木下銚子間汽船の7時間半の計21時間(除、休憩・宿泊時間)を要した。明治16年の陸路連結(22時間、江戸川の加村・新川/利根川の大室・船戸)航運いろは丸、対抗内国通運丸関宿下野田間2時間弱・下野田・三ッ掘の陸路2時間・船戸銚子10時間で計14時間、明治23利根運河開通・26年汽船通行許可直行便で、江戸川の関宿深井間2時間半・運河と利根川の深井銚子間11時間弱の計13時間に短縮された。以下、銚子との関連に絞り下記に纏めてみる。
 

   銚子・東京間汽船航路・・・利根川・利根運河・江戸川・小名木川経由・・・           

下利根航路(利根川の関宿以東)は、明治4年深川中田(栗橋の対岸)間に就航の利根川丸が、明治56月関宿銚子間に出願するも同年7月には布佐銚子間に就航し鮮魚輸送、明治7年盛運丸・衝鳳丸、8年信義丸が木下銚子間に就航、激しい運賃競争を行う。

 内国通運(4年の官営郵便発足に伴い5年江戸の定飛脚問屋が陸運元会社設立、6年太政官布告第230号で12年まで運輸の自由営業禁止・陸運元会社への入社・合併を半ば義務化したため、国内の陸上・水上輸送をほぼ独占水陸輸送の全国ネットワークを完成。明治8年内国通運会社と改称、後の日本通運が「通運丸」を就航させ、明治10東京高浜(霞ヶ浦)6往復、境銚子にも運航するが水深が浅いゆえか不定期であり、毎日1往復木下銚子間・木下高浜(霞ヶ浦)間に運航。
 13年の運輸独占解消後の168以降、東京銚子間航路は、競争相手の航運会社・銚子汽船との運賃・速度競争(上述の陸路連結)が激しくなり、内国通運も利根川の布施/江戸川の加村の陸路連結により両国銚子・両国鉾田間に航路開設する一方、銚子汽船との航路分担協定を締結後は、利根川方面は銚子汽船と木下の連合汽船/江戸川方面は内国通運の分担・連携を行い、利根川の船戸/江戸川の新川と利根川の瀬戸・三ッ掘/江戸川の野田(今上)22時間の陸路連絡で、東京行徳・木下銚子の汽船航路と行徳木下間35キロ徒歩9時間2日間行程が26時間23利根運河開通後船戸乗継ぎ20時間直行便18時間に。
 明治40年頃には内国通運・銚子汽船が同盟し航路を制圧(二分するも)、大正元年内国撤退で銚子汽船の貨物独占化も、
高速・短時間輸送を可能とした鉄道普及による物流革命により、昭和4年の内国(より大正8年「通運丸」事業を譲渡された「東京通船」)・8年「銚子汽船」の旅客撤退で、『下利根航路』はその役目を終えた。

                                           文責 銚子ジオパーク推進市民の会 椿 敬一郎

 

大利根分館 企画展 『香取海がもたらしたもの』 訪問記

企画展 『香取海がもたらしたもの』 【注】_訪問記

水郷佐原水生植物園617_165610_1Ed 千葉県立中央博物館大利根分館で、5月31日(土)~6月29日(日)の間、企画展『香取海がもたらしたもの』が開かれています。
 期間中の土曜日には、博物館研究員による、展示の解説があります。これに、「銚子ジオパーク市民の会」のスタッフが参加し、以下の訪問記を寄せてくれました。

香取海618_002058_1Ed 梅雨の中休みで晴れた 6月14日(土)、「水郷佐原水生植物園」の「あやめ祭り」で、道は混んでいると覚悟していました。ところが渋滞もなく銚子から           【図1.あやめ祭り       1時間で現地に。  

 さすがに植物園は混んでいましたが、駐車場への誘導を無視して奥へ進み、博物館に着きました。

           【図2.香取海        先に常設展示を見て回り、13時30分から企画展の展示説明会です。
   解説者は、千葉県立中央博物館  大利根分館  主任上席研究員(日本考古学)の豊田佳伸氏です。

縄文前期関東遺跡617_130354_1REd   主な展示品は、下総地域の古墳から出土した埋葬品です。
   香取海(カトリノウミ)は、縄文海進により海水が流入して発生しました。
   この時期の取海を古鬼怒湾(コキヌワン)と呼ぶ事があります。霞ケ浦・印旛沼・手賀沼をひと続きにした、広大な規模の内海でした。
  また、
様々な河川が流れ込み、古くから、水上交通を通じて、独自の文化圏・経済圏が形成されていました。

立花石枕618_003804_1Ed 特に、石材の産出が少ない房総では、石器や石棺などの供給を、北関東に頼っていました。                     【図3.縄文前期関東の遺跡分布        今回の展示に多数あった石枕の石材も、筑波石など、香取海や河川を利用して持ち込まれたと思われる、北関東の石が使用されていました。

三角縁神獣鏡617_130511_1REd 石枕を使用した埋葬方法は、4世紀中頃、西日本を中心に「枕造り付け             【図4.石枕】         棺」の盛行があり、5世紀にはほとんど姿を消しています。

 5世紀に房総で単独の石枕が採用される要因として、畿内などの影響が強かったと思われています。立花(リッカ)という勾玉を合わせた形の石製品も見られます。

人物埴輪617_130605_1Ed 古墳に埋葬される人も、前期の祭祀的な性格の人から、軍事的な権力者へと変化していきま         【図5.三角縁神獣鏡       す。れにより、墓に納められる物も、武器や甲冑具などになっていきます。    何と言っても、旧小見川町の「城山1号墳」の遺物は、大変素晴らしいものでた。

 古墳時代、大和朝廷の北への勢力拡大の拠点として、水上交通の要であったこの地方に、力を持った一族が繁栄したと思われます。

   以上のような展示説明でしたが、私としては、「その頃の銚子はどうだったか?」が、大変、気になりました。

  画像 : 企画展パンフレットより引用。石枕以外の埋葬品は、城山1号墳出土。
 

 余談ですが、古代の香取海を体感出来る所があります。印旛沼に近い成田市にあ天然温泉です。源泉の水を舐めたら、ビンテージものの海水の味!!まろやかな       【図6.人物埴輪】     塩辛さです。露天風呂で一緒になった老婦人が、「昔、ここは海だったのよ!」と、おっしゃっていまし た。銚子の温泉水は、現世の海水の味ですね。
 

                             文責と画像提供 : 房州 文子 (編集 : HP&ブログの担当スタッフ
 

【注】  企画展 『香取海がもたらしたもの』 千葉県立中央博物館  利根分館
                  2014/05/31(土)~06/29(日)9:00~16:30 >
 

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ