自然観察会

犬岩周辺の海岸清掃 & 現地見学会

■ 犬岩周辺の海岸清掃 & 現地見学会

犬岩0804Ed
<図1.犬岩と海>

 
毎月第三日曜日(9時~10時)に、銚子ジオパーク推進市民の会とナルク銚子の共催で実施している、恒例
犬岩突堤3合成Ed2の「海岸清掃」。 今月は犬岩と犬若岬周辺の番で、1月18日(日)に実施されました。
 当日は快晴とはいえ、気温は氷点下。それに拍車をかけるように北風が吹き荒れるという悪条件の下、32名の方が参加してくださいました。

漂流物の他に、タバコの吸い殻など明らかに・・・と思われるゴミも多く、集められた大量のゴミの山に、いつものことながら複雑な思いでした。皆様、本当にお疲れ様でした。
                            <図2.犬岩沖正面に浮かぶ富士山と強風下の見学者
 清掃の後は、これも恒例になっている現地見学会。
 今回
趣向を変えて、以下のような構成を、市民の会事務局とガド担当3班で企画しました:

犬岩突堤1Ed

         犬岩の成り立ち
(江戸の風景画に描かれた犬岩
・付加体・海食洞・波の花)
    ② 犬若岬の堆積物
(不整合・級化層理・斜交層理・皿状構造)
    ③ 犬若岬の植物(植物の冬越し)
     犬若岬周辺の水産物(伊勢海老ほか)
     伊能忠敬と犬若岬(富士山の方位測定)

上記①~②の地層に関する部分は、1月7日・8日に実施された巡検で桂雄三先生にご指導頂いた内容を反映した、今回の企画の目玉でもあります。
<図3.①の犬岩に続く兄岩・父・祖父(それぞれ、通称) ヘッドランド側から見学

犬若岬_皿状構造4Ed巡検に参加されなかった皆様に巡検の成果を早めにお知らせすることを第一目的に、一般参加者が少ない冬場を狙った民の会の内部研修を第二目的、このような企画になりました 

この企画を踏まえ、3班5名+5班名がガイドとサポーターを順次担当して、現地見学会が実施されました。

現場の地層確認のため、テントも張れない強風の中を移動しながらのご案内でしたが、上記④だけは、事務局の大型車の陰で椅子に座ってホッコリ暖かく話を聞くことができました。  <図4.②の皿状構造を解説するガイド

ロゼット化浜払子Ed2強風には利点もあり、上記⑤では、本家の台(犬若岬の上部)に登ると、昼前になっても富士山がクッキリと見え、伊能測量の方位を実感できました。

今回の企画についてのお知らせは、事前に民の会の「ジオ広報」ブログに記載され、75名の閲覧があり、ブログを見た東京の方も、はるばる銚子までお越しくださいました。

現地見学会の参加者合計は23名で、内21名は銚子市内の方でした。冬場で、通りがかりの一般参加者はありません  <図5.③のロゼット化して冬越しするハマボッス     でしたが、市民の会の方には普段より多く参加して頂きまし    浜払子右手の茶色の玉は去年の実     

 今回、私は上記②~③を担当しましたが、月例見学会でこのような企画は初めてのこと、準備期間を含め、有意義で貴重な研修になりました。このような研修の機会が、また実現することを期待しております。

 文責 : 白土 紀子、 画像(図2~4)提供 : 江波戸 正徳
 画像(図1&5)提供 & 文と画像の編集:HP&ブログの担当スタッフ  i n  銚子ジオパーク推進市民の会
 
 

市民の会も、千葉県中央博の犬吠巡検に参加

 関東甲信の梅雨明け宣言から2日目となる7月6日、『海底の砂の動きと地層の形成』をテーマに、千葉県立中央博の岡崎さん主催の、波崎~銚子巡検が行われました。

 当日の行程5step中、
2nd stepの犬吠埼の部分には、「市民の会」スタッフ4名も、参加しました。 

 午前中は、1st stepで波崎港湾空港技研を訪問された模様で、参加されていた東大の学生さんから、「茨城はとても暑かったのに、銚子に来たら涼しい。」という感想があり、「銚子は、年間の気温差が日本一少ない土地なので、夏は涼しく、冬は暖かい」ことを、ご説明しました。
 
 
県立中央博地学研究科の主席研究員兼科長の岡崎さんの専門分野は、堆積学で、何度も銚子に足を運ばれており、最近では、犬吠駅前の海鹿島礫岩が撤去される直前の調査にも、お越しになりました。

⑦犬吠岡崎706_133729Ed 柏の葉にある
東大大気海洋研 海洋生態系動態部門の底生生物分野助教の清家さんは、古代に海底で暮らして今に至るまで生痕化石を残している生物の動態を研究されて、この分野の世界的なリーダーだそうです。

 横須賀にある港湾空港技研 沿岸環境研究領域の沿岸土砂管理研究チーム研究官の伴野さんは、犬吠沖の海底堆積物のコアを採取された方で、波崎海洋観測センターのお仕事も併任されているそうです。

 お三方の研究は、千葉県の堆積物をキーとして、繋がっているように見えます。 
 
  
2nd stepでは、初めに、灯台前の芝生広場で、東大の学生さんたち数名と、市民の会スタッフ4名に対して、岡崎さんから、銚子層群の解説がありました。

 
銚子層群の地層の年代確定は、白亜紀の示準化石であるアンモナイトの発見に依存しており、それ以外には、地層の年代を確定する有力な手段がない、と説明されました。

 現生の砂漣を見ても分るように、穏やかな時の振動する波では砂漣(リップルマーク)が発達します。分厚い堆積物の層の中には、上下を斜交層理に挟まれた、砂漣の層が見つかります。ここでは、当時の海水の流速の違いが分ります。

 浅海の波長の長い波ではハンモック状の小丘を形成するものの、その後、
ハンモック状斜交層理は浸食で失われることが多く、スウェール状の斜交層理の方が多く残る、というお話は、犬吠の波打ち際によく当てはまります。 
 
 当日、灯台のある台地上は、20m前後の強風でしたが、スカシユリやノアザミの咲く崖を降りるにつれ、風も弱まりました。

 
波打ち際の砂岩泥岩互層の南傾斜については、犬吠の台地全体が褶曲の背斜であり、君が浜側は北傾斜であると、説明されました。 褶曲の軸は、ほぼ東西と見做してよいそうです。

犬吠巡検0706Ed
               犬吠埼先端 馬糞池周辺(赤字は、解説ポイント) 【by Google 3D】

 遊歩道を進んで、馬糞池西端部には、『国指定天然記念物「犬吠埼の白亜紀浅海堆積物」』のオベリスク状の碑があります。この位置①から上を見上げると、石切り場跡地の砂岩層が切り立った崖をなし、垂直の稜線部分ではタフォニー(蜂の巣状風化)が目立ちます。

 
遊歩道奥の『若山牧水歌碑』の右手の崖②では、砂岩層の上に堆積した薄い泥の層が浸食で消滅し、次に堆積した砂岩層と接着して、分厚い砂岩層を構成する様子や、失われた泥の層の置き土産的に、小粒の円礫が並ぶ様子を観察しました。 
 
 遊歩道が
崩壊した地点③の脇の崖では、上部の砂岩層が石の切り出しで失われた結果、砂漣の目立つ層が、露出しています。

 遊歩道を戻り、
馬糞池の南側で、崖を降りた地点④では、未固結の砂岩層の上に、大量の砂が急激に流入したために、上部の斜交層理の下に、コンボリュート葉理が見つかります。その下には砂漣があり、一部に、皿状構造が認められます。コンボリュート葉理皿状構造も未固結の砂岩層から、水が、上方に吸い上げられた痕跡を示します。ここでは、今まで砂漣を上からばかり見ていたために、砂漣の断面構造に気がつかなかったことが分りました。そう、断面は小皿に似ているのですね。

(次回へつづく) 

 

 

 

  

犬岩「浪の華」ジオツアー

2013年4月7日(日)千葉県建築士会様から10名の依頼のジオツアーを実施
昨日の豪雨はすっかり収まりましたが、風速20m近く吹く強風の影響で、ジオツアーは中止にしようかと
思いましたが、犬岩がみごとな浪の華が見られたので、急遽コース変更にて
       浪の華ジオツアーを実施いたしました



R0010430


当初のコースは、犬吠埼~屏風浦のコースを
犬吠埼ホテルのロビーからの眺めにて「2つの白亜に出会える岬」を解説し、車で犬岩に移動し
自然の美しくもあり、力強い波風のチカラで作り出される「浪の華」を見学頂きました

R0010437       R0010443     R0010449
     忍耐の犬岩             海食洞から吹き出す       立ち向かうカメラマン


私たち、地元に住んでいても、なかなか見られることのない「浪の華」です
本日ジオツアーに参加された、お客様は本当にラッキーでした
自然の成す力強さにみなさん感動いただきました

犬岩の波の華も、少しづつ知られてきて、本日もたくさんのカメラマンが、風に立ち向かい
犬岩に叩きつける風と波と戦いを挑むように、カメラを向けていました



東洋のドーバー屏風浦

R0010451   R0010458   R0010454

   場所を屏風浦に移動しましたが、強風の為マリーナ・ビーチ前で解説です
ウインドサーフィンのみなさま無理をせず楽しんで下さい

強風の為、銚子に34基ある風力発電と、屏風浦沖の洋上風力発電の風車は全て止まっていました
(風車は風速25mで危険防止のため自動停止致します)

自然を楽しむジオツアーです
これからも、無理をせず気象状況をよく判断して、安全に銚子ジオツアーをお客様に
楽しんでいただこうと思います

                                                   銚子のKatsu

大潮の日に宝満で有志観察会(その2)

DSC01380ed 大宝満を降りると、西の長崎海岸から遠望していたのとは異なり、V字谷風になっているのは外側だけで、内側には、広い岩畳がありました。大宝満を覆っていた黒っぽい溶岩はここにはなく、下の灰白色の岩が剥き出しになっています。

 岩畳に腰を下ろして西北方向を見ると、V字の間から、犬吠埼灯台が遠望でき(左写真)、仲々の眺めです。写真をダブルクリックすると、拡大し、岩体の様子や犬吠埼灯台がよく分かります。

 一休みして、次は小宝満に登りました。 宝満全体が南に向かって傾斜しており、北の大宝満は高く、南の小宝満は低くなっています。さらに、小宝満の溶岩は、西の陸に近い側で分厚く、東の太平洋側で薄く、下の灰白色の岩が剥き出しのところ(右下の写真と左下の写真)も、少なくありません。
 写真をクリックすると、拡大し、岩の様子がよく分かります。 
DSC01390[1] この 灰白色の岩は、夫婦ヶ鼻層の凝灰岩というよりも、白亜紀前期の酉明浦層~長崎鼻層の砂岩のように見えます。 凝灰岩が太平洋の荒波に浸食された結果、さらに古い時代の岩体が露出したのでしょうか?
 西側には、玄武岩の団塊が並んだ箇所があり、これらは海中を流れたものと推察されました。

 宝満全体は、下部が夫婦ヶ鼻層 、上部が溶岩ですが、北ほど溶岩が分厚いのは、噴火口が北部にあったことを表わしています。 噴火口の位置は、今も特定されていませんが、二酸化珪素を多く(53.5%以上)含み、粘度の高い古銅輝石安山岩が、大宝満を分厚く覆っているところからも、北部の大宝満の近辺が想定されます。  
 当時は 浅い海底にあったと見做される北部の夫婦ヶ鼻層に、マグマが地下から貫入して噴出し、溶岩流が南部の小宝満まで、海の中を流れたのでしょうか?
 日本海が開く前夜の約2100万年~2000万年前(新生代・新第三紀・中新世)には、火山フロントが銚子の東海岸沖にあったことは、昨年暮れの見学会で確認した黒生漁港突堤脇の古銅輝石安山岩を含め、驚きの事実です。因みに、現在の日本列島の火山フロントは、はるか西部の山岳地帯に後退しています。
 
DSC01392[1] 11:50を回ったので、帰途に着きます。 これからは潮が満ちる一方なので、長居はできないと知りつつ、 潮溜りを覗き込みます。行きには小さかった潮溜りが拡大し、アメフラシが何匹も蠢いています。よく見れば、ムラサキウニが敷き詰めたように並んでおり、岩を横切るカニの数も増えています。

 岩石海岸のトラバース??は、行きより帰りの方が時間が掛かります。潮溜りがあちこちに増えて、足を取られる回数も増えます。道路の擁壁を東に回りこむと、転石の中に、気泡の通り抜けた孔が 無数に開いた溶岩が幾つも見られ、色も、黒だけでなく、オレンジや赤があって、含有成分の差によるものと思われました。
 
 転石に混じって珪化木もチラホラ。先週の山田講師の話を思い出し、「この辺りの 珪化木なら、琥珀が含まれていても不思議はない」と思いました。サメの歯やクジラの耳骨も、見つかるかも知れません。アンモナイトが含まれている可能性のあるノジュールらしき転石も、幾つかありました。訪問者には、この環境を大切にして、破壊行為をしないで頂きたいと思いました。

DSC01393ed2 酉明浦~長崎鼻にかけては、中新世の夫婦ヶ鼻層の上に、約500万年前(新第三紀・鮮新世)の名洗層の基底礫岩が、不整合に堆積していることで知られています。
 さらに、 夫婦ヶ鼻層が浸食で失われている部分では、白亜紀前期の 酉明浦層~長崎鼻層の上に直接、 鮮新世・名洗層の基底礫岩が、不整合に堆積しています。
 従って、長崎海岸では、白亜紀の化石を含む転石と、 中新世の安山岩~玄武岩の転石が、同時に見られる結果となっています。

  岩が途切れた僅かな砂浜にハマエンドウが群落をなし、今を盛りと咲く花の青紫色が、ハッとするほど美しく、強い印象を残しました。「この群落が何時までも、この地に残りますように」と、祈る思いです。 
  
 今日の観察会の締めは、  名洗層の基底礫岩の観察です。ここで、経験のあるBさんが活躍。貝類化石などを多く含む基底礫岩を、転石の中から見つけ出し、皆に示してくれました。Bさんに感謝。
 
 帰り際には、塩辛い温泉の足湯で、5月の青い海と犬吠埼灯台を眺めながら  岩石海岸で疲れた足を癒すことができました(写真右上)。

大潮の日に宝満で有志観察会(その1)

潮の干満情報に強いスタッフのBさんから、「05/07~05/09 の3日間は、1年間に何度もない昼間の大潮、気候も良いので、日頃は遠望するだけだった長崎海岸沖(酉明浦)の宝満に行こう」と提案があり、平日ながら5月8日に急遽、「市民の会」のスタッフ10 名が参加しました。
 Bさんは、1991年の今の季節に、千葉県立中央博物館の館員の案内で、 長崎鼻~酉明浦を回ったことがあるそうです。

 干潮は11:30なので、長崎海岸にあるお店の駐車場に10:00 集合。直ぐに、磯歩きに向いた足拵えに変えました。長靴組の他に、ビーチ・サンダルや、クロックス・タイプの穴あき靴の人もいました。 
 
DSC01382[1]  潮が引いても、宝満までの距離は近くならないので、 礫漠(岩石沙漠の一種)にも似た転石の海岸を、延々と歩いて行きます。 美味しそうなノゲノリがびっしり付いた岩や、不味そうなカジメの付いた岩を横目に、海藻の付いていない岩を選び、どぎつい配色のヒトデ達にも挨拶しつつ、時々滑りそうになりながら歩くこと40分、やっと、大宝満の岩塊に辿り着きました(右写真)。
 写真をクリックすると、拡大し、普段は海面下にある、様々なタイプの礫が、よく見えます。 宝満の上部が白く見えるのは、ウミウの糞によります。

 西の陸に近い側の崖は、下部が白っぽい海成岩から成る夫婦ヶ鼻層、上部を覆うのは、黒っぽい溶岩の玄武岩~安山岩です。
 ポートタワー下の夫婦ヶ鼻層は、如何にも 凝灰岩らしく、全体が黄色味を帯び、一部が緑がかっている地層ですが、ここの凝灰岩は、違っています。21年前の報告には、宝満の海成岩も、「黄色味を帯びた凝灰岩、新鮮な部分は緑灰色」とありますので、その後の経年変化によるものでしょうか?  

DSC01383ed 少し上に登ると、岩の隙間に、ハマボッスが数箇所で肉厚の葉を広げ、ソナレムグラも 2ヶ所ほどで育っていました。岩の窪みには、ウミウの糞が真っ白に分厚く積もっています。
 ハマボッスやソナレムグラ は、特に燐酸肥料を好む植物なのでしょうか?

 岩伝いに東の海側を目指します(左写真)。干潮とはいえ、波が荒く、太平洋に突き出した磯の、低い位置にある岩には、危険で近づくことができません。 
 逆に、高いところを目指しました。 高い部分はゴツゴツした黒い岩体です。ここでは、古銅輝石安山岩が、溶岩流の冷却時のヒビ割れによって、「板状節理」を成しています  

 安山岩に含まれる無数の古銅輝石 含鉄頑火輝石 が、午前の太陽を浴びて、緑色にキラキラと輝いているのを、皆で確認しました。
 この岩には、溶岩の噴出時に、急激な圧力低下による内部のガスの膨張で、ガスが気泡となって通り抜けた、細かな穴が無数に開いています。

DSC01378[1] 
古銅輝石安山岩は、水を含んだマントルのカンラン (Mg, Fe)2SiO4  地下20km溶融し、珪酸塩を多く含み、マグネシウムの多いマグマとなって、浅い海中ないし地上に噴出したもの、と言われています。
  この浅い地下低圧な条件下で、プルームの上昇、ないし、ホットプレートの沈み込みによる加熱があって初めて、古銅輝石安山岩の噴出が起こると言われ、他では滅多に見られない貴重なものです。左上写真をクリックすると、拡大し、岩の様子がよく分かります。 

 大
宝満の一番高い部分に皆で登り、『市民の会・宝満初登頂』を記念して、「はい、ポーズ!」(右上の写真)撮影の方、お世話様です。不安定な岩の上ながら、無風に恵まれ、日差しも強過ぎない、この季節ならではの、快適な観察会です。この後は、小宝満へ。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ