宿泊型ジオツアー

『千葉科学大学が応援する夏休み子どもジオツアー』 第1回 (1)

恒例となった『千葉科学大学が応援する夏休み子どもジオツアー』の、2013年度版の第1回が、7月24日(水)~7月25日(木)に、銚子市内で開催されました。
今回は、千葉科学大学(共催)の危機管理学部で生物学を担当されている糟谷先生と大学院生2名の応援のもと、子供6名と保護者5名、合わせて11名の参加がありました。子供の年齢構成は、小学3年3名、小学1年2名、4歳1名です。

B_Orientation糟谷1Edスタッフは、銚子ジオパーク推進室(主催)3名、銚子ジオパーク推進市民の会(共催)4名、銚子市観光協会(後援)1名です。

ツアー参加者のうち、東京・神奈川からお越しの方々は9:30のしおさい号で銚子着、他の方々は自家用車でした。

皆が千葉科学大学の本部キャンパスに集合して、10:00から、スライドと配布資料で、オリエンテーションが行われました。

銚子ジオパーク推進室は、「銚子ジオパーク」の概説、ハザード・マップに基づく緊急時の避難路、熱中症・虫除けなどの注意をしました。
B_Orientation_伊藤2Ed2
糟谷先生は、生物多様性をベースに、渡海神社の極相林を始めとする、自然観察のポイントを解説されました(写真左上)。

銚子ジオパーク推進市民の会は、市民の会の役割、ガイドを担当する犬吠埼・愛宕山の見どころや、雨天時の室内工作の紹介をしました(写真右)。

雲が速く流れ、時折、小雨がパラつく中、バスで長崎海岸へ向かいます。
バスを降りると薄日が差し、11:00には十分に潮が干き、磯では、生き物観察のコンディションが整いました (写真左下)。

始めの裡は水に入ることを戸惑っていた子供たちも、イザ入ってみると、その心地よさに歓声が上がります。

S_長崎海岸_伊藤3Ed磯場に詳しい大学院生が案内してくれ、生き物の多い潮溜まりへと移動しました。

鮮やかな青や緑色をしたイトマキヒトデは、子供の掌より大きく、子供には中々、手が出せません。
このヒトデを裏返して、口や管足を、子供たちに見せました。
そのうち、小型のヒトデを見つけて手渡すと、子供も、恐る恐る触ってみて、刺されないと分り、摘まみ上げていました。

大きめの石をひっくり返すと、裏から、足の長いクモヒトデが出てきて、ビックリしました(写真右下)。

S_長崎海岸_岩本4Edそのうち、鮮やかな緑色をした小魚の群れが、潮溜まりを泳いでいることに、気づきました。
糟谷先生が、「これはイワシの仔」と言って、水から掬い上げて、渡して呉れました。
小魚は、アッという間に銀色に変色し、暫くは掌で飛び跳ねていましたが、水に戻すと体を横にして、2~3分すると動けなくなりました。
人間の体温が、潮溜まりの水温より高いことが、災いしたものか、触った限りの5~6匹は皆、銀色の腹を見せて、もう動きません。
小魚の儚い命に合掌。

陸に上がれば、磯の前に市の駐車場と水場があります。
水場で砂を落としてから、今日の薄日に感謝しつつ、水筒などで水分補給し、バスで君ヶ浜へ移動します。

B_君ヶ浜_糟谷7Ed211:50、君ヶ浜の砂浜に着くと、ハマヒルガオのピンクの花は終わりに近づき、実をつけ始めています。
替わりに、ネコノシタが、マット状の群落をそこかしこに作り、黄色の舌状花が目立つ、菊らしい小花を咲かせています。
糟谷先生は、ネコノシタの匍匐する茎を長く引っ張って見せ、子供たちに解説されました。

砂浜の、もっと波打ち際に近いところには、カールする葉に特徴のあるコウボウムギが、匍匐茎を伸ばしています。花は春に終わって、実を付けていた穂も見当たりません。
糟谷先生は、コウボウムギの長い根を1本引き抜いて見せ、子供たちに解説されました(写真左上)。

B_君ヶ浜林縁_糟谷10Ed212:10、県道を隔てた松林に、歩いて移動します。
林の中は、長い間、下草刈りや枝打ちをしなかったために、夏草が生い茂っているばかりか、トベラなどの常緑樹や、ヌルデなどの落葉樹が、マツを圧倒する勢いで成長しています。

糟谷先生は、地面に落ちた松葉の上から、スジオチバタケを抜いて、解説されました(写真右)。白地に薄い紫の筋がある、可愛らしいキノコです。

林床には、リュウノヒゲがピンクの花をつけ、ヤブコウジも白い花を咲かせています。どちらも、印象的な秋の実が楽しみです。ラピスラズリのような青い実と、サンゴより赤い実です。

12:30、迎えのバスに乗って、青少年文化会館に移動します。お弁当が待っています。

B_星座早見盤_川原15Ed昼食後の13:30から、青少年文化会館で、夜空で星座観察ができるように、星座早見盤を作りました。
難しい切り込みは、お母さんやスタッフが手伝って、完成させました。
内部で星座盤が具合よく回転するために、ボンドを付ける時の位置に、コツがあります(写真左)。

予報では、24日夜は曇り時々雨ですが、ツアー終了後、自宅に持ち帰って、晴れた星空で使って下さい。
明石標準時(東経135度)よりも5度ズレている銚子(東経140度)では、外側ケースの目盛を5日間進めます。東京や神奈川から来たお友達は、自宅の経度に合わせて、やはり、外側ケースの目盛を5~4.5日間進めましょう。
          【撮影:佐野明子_銚子市観光プロデューサー】                【 (2)に続く 】

銚子ジオツアーで夏の自由研究♪ Part2

☆二日目のスタート☆

「地球の丸く見える丘展望館」の見学から始まった。
まず屋上に移動、階段を昇りきると曇天の空模様。
今にも降り出しそうな曇り空の中での安藤先生の講義。

ここから望むことで銚子全体(関東を含めて)地形の成り立ちの説明を改めて受けていた。
洋上の風力発電に触れ、銚子、屏風ヶ浦沖の地形・地質がいかに風力発電事業に適しているかこれも銚子のジオの恵みであることの説明があった。
さらに、ジオの展示スペースでは、伊藤さん、房州さんの説明に耳を傾けていた。


☆場所を大学に移し、まとめの講義が始まる☆

昨日の講義終了時に“まとめ”が宿泊先での宿題となっていた。
仕上がり具合は、早めに寝てしまった子、遅くまで頑張っていた子もあり、
当然ではあるがその差が生まれていたのも事実あった。
市民の会メンバーがサポートに回り、
遅れていた子もどんどん仕上がっていく。

安藤先生に提出しOKが出れば修了。

坂本先生から一人ひとりの名前が呼ばれ修了証を受け取り、
工藤会長から記念品が贈られた。
その表情には、心地良い疲労感となんとも言えない達成感が共存しているように見えた。

キラキラッとした子供たちの笑顔とその数倍の親御さんたちの笑顔。

“夏休みの宿題”はやはり親子で仕上げるものなのだとつくづく感じた。
それぞれの家族の絆にちょっとづつ触れ素敵な時間を共有することが出来た。

 


画像 005                        画像 002


画像 003            画像 004
    

☆全行程を終えての感想☆


東京から参加のNファミリー

・「先生はどんな質問すぐに答えてくれた。すごく楽しかった。」

・「とてもハイレベルな講義内容で、ちょっと戸惑ったが興味深く受講できた。」

 


東京から参加のSファミリー

・「二日間通して、地層についてよく分かるようになった。」

・「自由研究の発表がんばります。」

 


銚子市内から参加SAファミリー

・「屏風ヶ浦の成り立ちが良く分かった。地元に住んでいるからこそ、そのすごさを勉強できて楽しかった。」

・「自由研究も仕上がり、難しかったけど楽しかった。」

 


横芝光町から参加のIファミリー

・「暑かった!けど宿題一丁上がり。先生に褒められて嬉しかった。」

 


画像 001

                                                       修了証書を授与され、笑顔の子供たち


                 
          感想
新しい試みの第一弾としては上出来の部類と言えるのではないかと思う。
これも千葉科学大学が主催となってくれたこと、
ジオパーク推進市民の会と銚子市旅館組合がタッグを組んで協力し合えたこと
様々な問題提起が予め出来たこと等々、本当に皆様のご協力とご理解の賜物である。


異口同音、「この企画をやって良かった。」と終了が近づくにつれ期せずして聞こえてきたこの言葉。メンバーの皆さんも同じ感覚を味わっていてくれていたと思うと携わられて頂いた私自身も感慨深いものがある。

それでも「あ~しとけば良かった。こ~しとけば良かった。」と思う所はたくさんの場面で感じているのも本音であり、反省と検証は必須である。
それを怠れば次に繋がらないと思う。
反省会をやりましょう!!!

何はともあれ、この一歩は大きな一歩である。
この企画をこなしたことは大きな自信を植え付けてくれたと思う。
本当にありがとうございました。


                                
銚子ジオ市民の会・旅館組合:Yamazaki Shinji

銚子ジオツアーで夏休み自由研究♪ Part1

千葉科学大学が応援!銚子ジオツアーで夏の自由研究♪

銚子ジオパーク推進市民の会では
今回は、観光の街 銚子の新しいキーワードとなる
「子供教育観光ビジネスモデル」の企画です
銚子の美しい風景を見るだけの、観光ではなく「学び度100%の銚子ジオ」を切り口とした提案です!!


平成
24817()18()開催されました
「千葉科学大学が応援!銚子ジオツアーで夏の自由研究♪」
東京や横芝光町、銚子市内に住むご家族、
512名のお客様で行われた。
初日、当日は天候にも恵まれ、初めての試みには嬉しい限りの上々のスタートを切ることが出来た。


画像 010
            小学校高学年を中心としてた、講義を受けるファミリー

http://choshi-geopark5.doorblog.jp/archives/11775512.html

募集チラシ 表面:スライド1        募集チラシ 裏面:スライド2

千葉科学大学本部キャンパスで930から受付が始まり、やや緊張の面持ちの子供たちが登場。

この企画には千葉テレビの取材が入り(
91()放映、スタッフの紹介オリエンレーションをし、安藤先生が二日間のプログラム・教材を説明。その後マイクロバスに乗り込み、名洗からいよいよジオツアー始まった。

・「崖を見て通り過ぎるだけと思ったら懇切丁寧に説明していただけた。」

・「先生とのやりとりが楽しかった。分からないことはすぐその場で解決したくれた。」


東京から参加のSファミリー

・「地層は、色々のもので出来ていて、色も色々あった。サンプリングが楽しかった。」

・「断層の動きが複雑で、屏風ヶ浦ただ見ているだけでは気づかなかった。」


銚子市内から参加SAファミリー

・「銚子に住んでいるのに知らないことばかりだった。これをみんなに知ってもらいたいと思った。」


横芝光町から参加のIファミリー

・「ガーネットの話しが興味深かった。けど、暑かった!」


感想にもあるように、そう、この日は見る見る内に気温も上昇し、
灼熱の太陽の照りつける中のジオツアー。

安藤先生もオリエンテーションの中で、
画像 006

帽子と水分補給で熱中症予防の注意喚起をしていたが、
昼食場所のカフェマリーナに辿り着く頃は、
息も絶え絶え状態のご家族も見受けられた。 
                    

☆楽しいお食事タイムでほんの小休止☆

一つプログラムをこなし、
ちょっと慣れてきた感じの子供たち。お食事中に皆さんの席を回り、
上記の感想をお聞きすることが出来た。

☆食事を終え、休む間も無く大学に移り1300から予定通りに講義がスタート☆

ジオツアーのおさらいに子供たちがまたグッと引き寄せられている。
講義内容は傍見ても複雑極まりない感じがしたが、以外や以外、子供たちはしっかり付いていっているではないか
実体鏡の観察では、自分の番に回ってくるまで待ちきれない様子。
サンプリングしたものを
ラミネート処理する時は目を爛々と輝かせていた。

13001700の間に休憩はたったの1回限り、大人の講座でもここまでハードな時間割はない。
安藤先生が公言した通り、勉強漬け、理科漬けの一日となった。

子供たち良く頑張った。そして親御さんもお疲れ様でした。


☆講義、午後の行程を終えての感想☆


東京から参加の
Nファミリー

・「午前のジオツアーを、より詳しく知ることが出来た。」

・「子供より夢中になった。へ~ッ! へ~ッ!! の連発!!!」


東京から参加のSファミリー

・「すごく専門的な内容で、濃度の濃いものでした。」

・「難しかったけれど、今回で色んなことを知ることが出来た。」

・「顕微鏡で、砂や石が普段見ることが出来ないものが見られた。」


銚子市内から参加SAファミリー

・「難しかったけれど、自由研究のためになった。」

・「顕微鏡がすごく楽しかった。」


横芝光町から参加のIファミリー

・「難しかったけれど、とても楽しかった。ますます“石”が好きになった。」

散々“夜のレク”(自由参加)について、安藤先生、工藤会長、佐野Pさん、と知恵を出し合い、意見を出し合い、
「勉強をやろう!」「イオンのお祭りに連れて行こう!」と
1700の講義終了時までまとまらず、
自由参加、故にお客様に委ねたところ、
「宿でゆっくり、まったりする。」と拍子抜けの回答が
5組の全家族から返ってきた。
今にして思えば、これだけハード?な内容をこなせば、
まッこれが真っ当な返答だとは言うまでもない。
こちらサイドがいくら良かれと思っても、
押し付け、押し売りでは意味がないと言うことであろう。

5組のご家族は、解散後、予約をしたそれぞれの宿へ向かい一日目の終了となった。

画像 009
    地球の丸く見える丘展望館で講義をする安藤准教授と、ツアー参加のファミリー

☆ジオツアー午前の行程終えお客様からの感想☆

東京から参加のNファミリー

プロフィール

choshi_geopark2

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ