ジュラ紀

開催中の 『めざせ!「銚子ジオパーク」 展』 と 高神愛宕山

◎RIMG0033 銚子市天王台の「地球の丸く見える丘展望館」で、7月20日~8月31日まで開かれている 「銚子ジオパーク推進市民の会」主催の、『めざせ!「銚子ジオパーク」 展』 を。7月21日、「屛風ヶ浦ジオツアー」の帰りに見て来ました。

 2階の入り口を入ると正面にモニターがあり、千葉TVの『熱血BO-
SOTV』
の録画DVDから、千葉科学大学の安藤准教授による、銚子の地層解説の部分を、備え付けのリモコンを操作して、表示することができます  (右1枚目写真) 。

◎RIMG0034 モニターの左側は、森田健作・千葉県知事の色紙で、 銚子のジオパーク推進活動にエールを送って頂きました (同じく、右1枚目写真) 。   

 会場には、この展示の開催以来、最初の土曜日ということもあり、多くの見学客が、首都圏の他県からも、お見えになりました。「市民の会」では、「銚子ジオパーク推進協議会」  の幟旗を立てて、解説スタッフがお客様をお迎えしました(左1枚目写真) 。

RIMG0036
  今回の展示では、千葉科学大学から、地質関係のパネル展示と、銚子の岩石標本の展示があり、銚子の地質遺産への理解を深めるのに役立ちます。 

 また、市民の会のスタッフが日頃から収集して来た、古代の化石を含む岩石標本や、現生の貝類標本は、今回の展示の目玉です。

 銚子半島の基盤を成す、ジュラ紀の付加体である、愛宕山層群には
「高神礫岩」があります。この中に含まれる石灰質の礫の中には、ペルム紀(約3億年前)に栄え、ペルム紀末(約2.51億年前)の「生物大絶滅」で滅亡したフズリナ(紡錘虫)の化石が大量に見出されます。

◎RIMG0043 今回展示のフズリナ(紡錘虫)化石は、地元在住のスタッフが、毎日のように海岸や岩場を歩いて礫を集め、磨き、千葉科学大学の先生に同定して頂いた、貴重なものです(右2枚目写真) 。   

 また、現生の、約320種に上る貝類の標本は、 スタッフの親子孫三代に亘る成果です。何れも、小学生時代に集め、地元の貝類研究家や千葉県立中央博物館の先生方に同定して頂いた、学術的にも貴重なものです (左2枚目写真) 。
 現生の貝の種類の多様性は、銚子沖で接する 黒潮 と親潮が、暖流系と寒流系の双方の種をもたらしたものでしょう。
泥岩中の琥珀11308Ed  太平洋に突き出た海辺の町・銚子の家族ならではの展示です。 
  貝の分類の詳細が分らない場合でも、美しいピンクの桜貝や大型のタイラギ、格好イイ(けれど少し怖い)ボウシュウボラ(房州産の法螺貝)には目を惹かれます。 

 銚子半島の東海岸では、ジュラ紀の岩盤の上に、白亜紀の浅海に堆積した、主に陸源性の堆積物が載っています。当時の植物が炭化した珪化木・石炭・泥岩などが、 波に浸蝕されて路頭した結果、 樹脂 の化石である「琥珀」が見つかることがあります(右3枚目写真)。大きくて立派な「銚子産琥珀」は、 銚子市青少年文化会館に展示されています。

◎RIMG0055 銚子の琥珀は、1億1千万年~1億年前の、日本最古のものです。たまに、ユスリカなどの昆虫が含まれた「虫入り琥珀」が見つかり、これらは、レバノン産に次いで、世界で2番目に古い「虫入り琥珀」、と同定されています。このうちの1つは、千葉県立中央博物館に展示されています。 
 今回展示の「2匹虫入り琥珀」は、それに匹敵するものです。地元愛好家が発見されたものを、特別に、ご好意で展示しています。    

 一番奥のコーナーは、銚子電鉄と「銚子ジオパーク推進協議会」とのコラボによる、「ジオ鉄」の展示です。
◎RIMG0050  今回の『めざせ!「銚子ジオパーク」 展』に先行する、6月16日~7月16日に開催されていた 『銚電からのメッセージ』で展示されていたものの一部を、 銚子電鉄の方々に残して頂き、長らく懸案となっていた協同企画=「ジオ鉄」が、ここに幕を開けました。 

 セピア色の写真の数々は、 昭和レトロの懐かしい銚子電鉄と、それが走る銚子の街並みを、巧みに切り取って、飽きることがありません。地元画家サイトウヒロミチ氏による、銚子電鉄とその沿線に題材を取った絵画も展示されています。
  銚子電鉄の可愛い車輌模型群も並んで、夏休みの子供達を惹き付けています(左3枚目写真と右4枚目写真) 。 
  
◎RIMG0064 皆様も、この盛り沢山な夏の企画展へ、是非、お越しください。

 地球展望館は、「高神愛宕山」の山頂にあるため、庭の殆どが斜面になっています。その斜面を上手く利用した庭園は、四季折々の花に彩られ、今は夏の花が盛りで、展望館の行き帰りに楽しむことができます(左4枚目写真)。

  また、展望館脇の標高73.62m「一等三角点」の奥には、愛宕山の名称の由来ともなっている「愛宕神社」の、石造の祠と玉垣があります (右5枚目写真) 。 TakagamiAtagoJinnjaEd
 外の道路から展望館へと続く坂道入り口の両脇に立つ、丈の高い石灯籠も、ここが神社であることを気付かせてくれ、山頂に祠があることを予告しています。 この石灯籠は「愛宕燈籠」と呼ばれ、火難除けの「愛宕信仰」の遺物です。

 江戸期には、村々に「愛宕講」があり、年に一度、火の神を祀る京都の「愛宕神社」へ代表がお参り(代参)して戸数分のお札(火廼要慎)を貰って帰り、各戸に配り、それを、カマド近くの柱に貼って、火の用心のお守りとしたそうです。
 かつて、 「愛宕灯籠」には、毎夜、灯明が灯されたということです。 
 展望館からの帰り際に、石灯籠を見上げていると、明るい夏の陽光のもとに、一瞬、ほの暗い歴史が、影帽子のように立ち上がって来ます。  

2012基礎講座 第1回 地球の歴史

Uketuke0419-001 4月19日(木)午後7時~8時半に、 基礎講座の第1回が開催され、90名程の参加者がありました。

 今までは、「市民の会」の各種講座の事務処理や案内・受付は、千葉科学大の学生さん達で行なっていましたが、今年度から、「市民の会」のスタッフがこれを引き継ぐことになり、今回が練習の1回目です。
 手分けして、参加される方々の車の誘導を行い、また、教室前に幟旗を立て、テーブルを出して、受付(右写真)をしました。
 去年の学校教育支援でお会いした校長先生など、懐かしい方にも、お会い出来ました。

AkagiAisatu0419-001 講座の開講にあたり、「市民の会」の工藤会長、千葉科学大の赤木学長(左写真)、および講義担当の安藤准教授から挨拶があり、ジオパークのガイド養成講座の意義を確認しました。 
  基礎講座の修了試験に合格し、続くマスター講座を修了し、その間にガイドの演習を何度もこなしていくことで、2年掛けて、認定ガイドの養成を目指すということです。 

 今回のテーマは、「地球の歴史」です。
 地球46億年の歴史が、今迄、どのように解明されているか、解明するに当たって用いた手法はどのようなものか、そして、人類は、地球の歴史上で、どのような位置に立っているのか、人類の未来は?。。。と、壮大なスケールの講義が続きます。
  地球の46億年を24時間に当てはめると、人類の出現した258万年前 (新生代第四紀)は、45秒前に当たるそうです。 このささやかな存在でしかない人類が、5億年以上前の、カンブリア紀の三葉虫を調査しているのも、感慨深いことです。   
  
Jugyo0419-001 地質時代区分の講義(右写真)では、配布されたA3サイズの年代表を、学習者自身が工夫して色分けすると、理解が深まると、安藤先生からアドバイスがありました。
 相対年代による地質時代は、動物の進化を基準にして区分けされていること、植物は、それを捕食する動物よりも、先行して進化してゆくことが説明されました。
 
 銚子の地層で特筆すべき点(年代が新しい順)
① 屏風ヶ浦の名洗層に新第三紀と第四紀の境界があり、ほぼ、人類誕生の時代に相当する。
② 日本海が開き始める前の時代、夫婦ヶ鼻層にマグマが貫入し、 風変わりな成分構成比を持つ古銅輝石安山岩が露頭している。
③ 犬吠埼周辺には、 アンモナイトなどの浅海性堆積物を含む銚子層群の地層が露頭しているが、 銚子層群を含む白亜紀はまた、恐竜が跋扈した時代でもある。
④ ジュラ紀の愛宕山層群の堅固な地層が東海岸の基底にあることで、銚子半島の独特な形状が維持され、三方を水域に囲まれた海洋性気候で、漁業だけでなく、醤油醸造・キャベツ栽培・風力発電に成功している。
 
 稀有の僥倖に恵まれた銚子の地を大切にしたいと、改めて感じた、今日の授業でした。

「2012市民の会総会」と「一周年記念講演会」(その2)

Raihin_Nohira&Amano&Gakucho-001 引き続き、午後2時からは、「一周年記念講演会」が開催されました。
 講演会に先だって、野平銚子市長と千葉科学大学の赤木学長から来賓挨拶があり、次いで、千葉科学大学の安藤准教授から、本日の講師:茨城大学理学部の天野教授の紹介がありました。右写真は、左から野平市長、天野教授、赤城学長。

AmanoBig0414-001 天野教授の講演(左写真)では、茨城の県北に位置する広大なエリアを対象にしたジオパークを、どのように構想し、認定に向けて如何に推進活動を行い、また認定後はどのように活動を展開・継承しているかについて、語られました。

 カラフルなスライドを多用しての解りやすい講演で、講演会参加者も、「茨城県北ジオパーク」についての認識だけでなく、銚子でジオパーク推進活動を行うにあたり、多くの示唆を受けました。
KenpokuGeoKosoOrg0414-003
 右写真は「茨城県北ジオパーク」 推進協議会の構成:
 組織内では、茨城大学の学生が、自主的にHPを運営しつつ、中心的な活動を展開し、地域住民との連携活動を通じて培った経験が、学生の就活にも役立ったそうです。
 また、市民が自主的にジオツアーを企画し、その活動の輪が広がっていることも、ここのジオパークの特徴だそうです。

KenpokuGeoKoso0414-001 左写真は「茨城
県北ジオパーク」の構想(図上の色分けは地質時代区分に準拠、赤は古生代、水色は中生代、黄色は新第三期までの新生代): 特産のリンゴをイメージしたマスコット・キャラクターで案内します。
 
 右下写真は「茨城県北ジオパーク」のジオサイト・マップと各ジオサイトの特徴:  特筆すべきサイトには、 
 ①古生代カンブリア紀(約5億年前)の地層=日立鉱山
   (銅の産出量が明治期は日本一で日本の工業化を支えた) 、
 ②中生代ジュラ紀の付加体=八溝山地、
ChishituKankoMap0414-001 ③中生代白亜紀のアンモナイト産出=平磯海岸、
 ④新生代中新世の海底火山=袋田の滝、
 ⑤新生代中新世に由来のリアス式海岸=五浦の海食台
   の天心の六角堂、
などがあるそうです。
 五浦の海食台に は、”ガス・ハイドレートの化石”としての”炭酸塩ノジュール”を含む奇岩が多く、この風景に、岡倉天心(近代日本画改革運動の推進者)は惹かれたと言われています。
 また、ジオパークの認定には、地質遺産だけでなく、考古学的・歴史的・文化的な遺産についても、存在の訴求が必要になるそうです。
Senbako0414-003
 「3.11」では、五浦の六角堂が津波で流出しただけでなく、かつては海だった千波湖の周囲を埋め立てた地域(左写真)で大規模な液状化が発生し、湖岸の水戸市役所も傾斜したまま、未だに復旧していないそうです。
 ジオパークでは、地域住民が、居住地周辺の地形・地盤への理解を深め、予め災害対策を立てることも活動の一環にすることが重要、と語られました。

『日本ジオパーク秩父会議』参加報告

ChichibuKanban 『日本ジオパーク秩父会議』に行ってきました。日程と内容は以下の通りです。右写真は『ジオパーク秩父』の看板。

2月15日(水)記念講演
 (1) 「ジオツーリズムと地域活性化」佐藤喜子光氏(NPO法人地域力創造研究所)。
 (2) 「ジオパークの楽しみ方」渡辺真人氏(産総研)。
 佐藤氏:「地域らしさを活かした”おもてなし観光”による地域活性化」。
 渡辺氏:「日本列島に住むという事を考えると、災害と自然の恵みは一体。どうやって自然と関わって人が暮してきたか。ジオの説明でも、人が関わるとストーリーが膨らみます。」

2月16日(木) 事例報告とグループ・ディスカッション
 (1) 午前 :事例報告:島原糸魚川。両地域とも、ジオパーク認定後は観光客が増えているそうです。
 (2) 午後 : グループ・ディスカッション。テーマ「ジオパークと地域活性化」。
 「ジオパークで大切なのはジオツァー、ジオツァーで大切なのはガイド養成」と、話が進みましたが、他の地域はガイド養成に苦労しているようです。 

Nagatoro  銚子は、千葉科学大で安藤先生・坂本先生がガイド養成につながる講座を開いてくれています。これは、他地域に比べると本当に恵まれていると思いました・・・・・感謝。

2月17日(金)ジオツァー(午前中3時間)「宮沢賢治:青春の旅」 宮沢賢治は、盛岡高等農林学校時代、秩父を訪れ「地質調査」を行いました。賢治が訪れた場所を巡るジオツァーです。
 写真左は賢治も見た、秩父・長瀞の岩畳で、国の『特別天然記念物』に指定されています。長瀞は、三波川帯変成岩が露出し、岩畳や変形小構造が見られ、『日本地質100選』に選ばれたジオスポットです。

HumeinoIwa
 写真右は長瀞上流のポットホール。ポットホールは、かつて岩畳が荒川の川底だった時代に、奥秩父から流れてきて窪みなどに残されたチャートなどの硬い転石が、川の流れで回転することで徐々に、比較的柔らかい岩畳を削って、転石の周辺に穴ができる現象です。奥秩父の尖った山容の山々は、ジュラ紀の付加体で、秩父帯と呼ばれます。

 秩父は、約170万年前より隆起をはじめ、3段の河岸段丘が出来た盆地です。地質的に見所の多いところで、新第三系の秩父町層が露出する巨大な崖「ようばけ」も、『日本地質100選』に選ばれました。
 バスの中で地質の説明が多く、正直言って疲れました。

 ジオツァー最後の大田で、3段の段丘面の土地利用の話をしてくれました。
 大田という処は、秩父の町と同じく、下位の段丘のところにあり、「水が得られ、水田を作り、生活は豊かなところです。」「嫁に行くなら大田か蒔田」と言われていました。また、経済的に余裕があることにより、昔から、教育を受けた人が多かったようです。
 高位の段丘面での生活は、水が得られず、養蚕農家が多く、経済的には恵まれていなかったようです。「明治の『秩父事件』の時は、下位段丘の生活者には一揆参加者は少なく、高位段丘の生活者が多かった。」という、歴史・人間がらみの話をしてくれました。
 講演者・渡辺さんの話ではないですが、ジオツァーも人間が見えてくると、また違った楽しみも増えるようです。 

月例見学会第1回 ・ 屏風ヶ浦

 1月29日(日)10:00~14:00に、『銚子ジオパーク推進市民の会』の主催で、月例見学会第1回が、屏風ヶ浦で開催されました。
 銚子マリーナ前の千葉科学大の駐車場に、マスコット・キャラの「超Cちゃん」をあしらったノボリを立て、受付テーブルを出して、お客様を迎えました。 

 三々五々お見えになるお客様の小グループに対応して、随時、1~3名の『~市民の会』スタッフがガイドを行います(下右写真)。その内容の概略は以下の通りです。

BG120129_101830_AD
 (1) 屏風ケ浦の成り立ちと関東平野の地下構造、
 (2) 犬吠層群の各地層の特徴、
 (3) 名洗層内の火山灰層を鍵とする
   地質時代の解析、
 (4) 前浜・沖浜と新しい漣痕の形成、
 (5) 波浪による浸食、 
   および、地層保全 vs 国土保全、
 (6) 断層の特徴と3.11の影響、
 (7) 夫婦ケ鼻―萱刈島断層と
   屏風ケ浦の不連続性、
 (8) 未処理排水の流入度、
   および、海水・生物への影響度

 名洗層は、新生代のうち、新第三紀・鮮新世(約500万年前~)から第四紀・更新世(~220万年前)迄の長期に亘って海中に堆積した地層で、その内部に、筋状の火山灰層を幾重にも挟んでいます。
 上記(3)では、新第三紀と第四紀の境界(約258万年前)に近い約250万年前の火山灰層に含まれるザクロ石の化学組成と粒径の傾向を、 南関東の愛川町~鎌倉市~江東区~銚子市にかけての上総層群相当地域で調査し、丹沢山系の火山爆発の影響を立証した、2010年の田村氏らの研究成果が、その2cmほどの厚さの地層を目の前にして、紹介されました。

Kayakarijima3_AD 名洗層は、犬若海岸を目前にした犬若岬の西部から始まり、潮見町の銚子マリーナのある湾でカーブし乍ら、刑部岬手前の大谷津近辺まで露頭が見られますが、半島東北部の夫婦ケ鼻とマリーナ港内の萱刈島とを結ぶ断層で、一旦、区切られています。左は萱刈島を含むマリーナ港内のGoogle航空写真(ダブルクリックで島が見えます)。

 この断層の西側では、より古い鮮新世の名洗層の大半は地下に潜り、より新しい更新世の名洗層が主に露頭しています。
 この断層の東側では、より新しい更新世の名洗層は外川から続く台地の周縁部に見られます。より古い鮮新世の名洗層も、所々で関東ローム層の間から顔を覗かせています。
 鮮新世の名洗層は、直接、新第三紀・中新世の夫婦ケ鼻層、中生代・白亜紀の長崎鼻層や犬吠埼層、さらには、中生代・ジュラ紀の愛宕山層の上に、不整合に堆積している様子が見られますが、この部分の紹介は『犬岩・月例見学会』に譲ります。

 上記(7)の萱刈島は黒生チャート・愛宕山・犬岩・千騎ケ岩と同様、ジュラ紀の地層からなります。

KK120129_114013
 今回は、希望者のみのオプションで、マリーナ港内の萱刈島(右写真)を見学しました。

 近隣の岩礁のうち、マリーナの工事で、恐らくはここだけが保存されたように見える、ゴツゴツした岩が、海面に頭を出しています。陸に近い側では、海面下の岩も見ることができます。愛宕山や犬岩と同じなら硬砂岩でしょうが、萱刈島の外見は泥岩に似ています。
 岩の頂上には、白くて新しい小さな祠が祀られています(右写真をダブルクリックすると、岩容や神社が拡大)。
 近づけなくて分かりませんが、以前はこの島に湧水が見られたことから、「水天宮かもしれない」という話もありました。


 昼頃には、風はあるものの日差しが強くなり、新しいお客様も増えました。最近は毎週土曜日の『大衆日報』に、安藤先生の連載記事が載るようになり、この記事をご覧になっての訪問者もいらっしゃいました。
 日本列島が寒さの底に沈んでいる今日この頃ですが、9m/秒の風速にも負けず、49名の見学客が、銚子市内および首都圏から訪問されました。

 次回は立春を過ぎて暖かくなることから、2/26(日)の『犬吠埼・月例見学会』への、皆様の一層の参加をお待ちしています。
 集合場所は、「君ヶ浜しおさい公園(犬吠埼灯台寄り海側駐車場)」です。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ