3月14日(水)11:00~14:00 に、「銚子ジオパーク推進市民の会+千葉科学大学」の主催で、『ホワイトデー現地見学会』が、犬吠埼で開催されました。
 今回も、灯台前の観光センターの脇に、マスコット・キャラの「超Cちゃん」をあしらったノボリを立て、受付テーブルを出して、お客様を迎えました。また、テーブルの1台に、スタッフの1人が集中的に集めた「犬吠埼の岩石+化石標本」を陳列した点も、前回同様です。
 
 「市民の会」スタッフは、今回も、灯台下の岩場での今日のガイドに備え、銚子層群の特徴を備えた以下の9ヶ所のジオスポットに、「案内標識」を設置しました。WhitePostCeremony

 (1) 砂岩泥岩互層
 (2) カレント・リップル
 (3) ハンモック状斜交層理
 (4) 生物擾乱
 (5) 生痕化石
 (6) 蜂の巣状風化
 (7) 漣痕
 (8) 汀のノジュール
 (9) 琥珀・トリゴニア・シジミ

 11:00~12:00にはホワイトデーを記念し、犬吠埼灯台を管理する銚子海上保安部の協力を得て、白亜の灯台前に、国内初の『白い丸型ポスト』がお目見えしました。白亜紀の地層と合わせ、「3つ目の白亜」の誕生ですね。
 日本郵便銚子支店主催のイベントには、お洒落な制服の海上保安庁の方々も参加され、序幕後は、飯沼幼稚園の園児たちによる記念投函、お楽しみ抽選会と続き、「市民の会」スタッフも抽選会に参加しました。右上写真は、灯台を背景に『白い丸型ポスト』の序幕を待つ着ぐるみたち。

InuboGakechiPlants120218
 朝9:30には1mあった潮位も、12:00には60cmに下がり、お客様をガイドしやすい環境が整いました。

 お客様とご一緒して岩場への階段を下りて行くと、鹿島灘からの北風が吹きすさぶ丘の上の灯台前とは別世界のように、暖かな日差しが崖地を温め、ここを北限とする黒潮系植物群(左写真)の生育理由が分かる気がします。

 小高い所に立って、砂岩泥岩互層の岩礁を見下ろすと、ハンモック状斜交層理が随所に見られ、ストームの多かった中生代・白亜紀の気候との関連を、よく保存しています。

 岩場に残された動物(恐竜?それ以外?)の足跡化石が点々と続く傍らに、形の良いポットホールが2つほどあり、後世に、熔岩のカケラが回転しながら白亜紀の砂岩を削った様子も、偲ばれました。

 この熔岩のカケラは、犬吠埼の南方にある長崎鼻の沖合の、熔岩でできた島「宝満」辺りからもたらされたと推察します。因みに、「宝満」は、時代を下った新生代・新第三紀・中新世の地層です。

RedLastPost_0314 今回は、干潮時刻に近く、天候にも恵まれたので、汀のノジュールを見た後、一列に並んだノジュールにもご案内ができました。ヤドカリの殻の替わりに、回転して移動するのに都合がよかったのか、球状のノジュールの中に棲んでいた動物たち(アンモナイト?エビ?)の生態にも、思いを馳せました。 

 前回の見学会に続き今回も、銚子市の外側からのお客様をご案内しました。市外のお客様は、「市民の会」HPのブログをご覧の上でご来場されるので、今後ともHPのブログには、タイムリーな情報のアップが要請されることも分かりました

 灯台前の観光センターの脇には、今日まで、本州最東端の赤いポスト(右写真)が立っていました。ところが、午後3:30を過ぎると、これが青いシートとロープで包まれ、使用不可になりました。『白い丸型ポスト』にバトンタッチした赤いポストさん、お役目、ご苦労様でした。