◎RIMG0033 銚子市天王台の「地球の丸く見える丘展望館」で、7月20日~8月31日まで開かれている 「銚子ジオパーク推進市民の会」主催の、『めざせ!「銚子ジオパーク」 展』 を。7月21日、「屛風ヶ浦ジオツアー」の帰りに見て来ました。

 2階の入り口を入ると正面にモニターがあり、千葉TVの『熱血BO-
SOTV』
の録画DVDから、千葉科学大学の安藤准教授による、銚子の地層解説の部分を、備え付けのリモコンを操作して、表示することができます  (右1枚目写真) 。

◎RIMG0034 モニターの左側は、森田健作・千葉県知事の色紙で、 銚子のジオパーク推進活動にエールを送って頂きました (同じく、右1枚目写真) 。   

 会場には、この展示の開催以来、最初の土曜日ということもあり、多くの見学客が、首都圏の他県からも、お見えになりました。「市民の会」では、「銚子ジオパーク推進協議会」  の幟旗を立てて、解説スタッフがお客様をお迎えしました(左1枚目写真) 。

RIMG0036
  今回の展示では、千葉科学大学から、地質関係のパネル展示と、銚子の岩石標本の展示があり、銚子の地質遺産への理解を深めるのに役立ちます。 

 また、市民の会のスタッフが日頃から収集して来た、古代の化石を含む岩石標本や、現生の貝類標本は、今回の展示の目玉です。

 銚子半島の基盤を成す、ジュラ紀の付加体である、愛宕山層群には
「高神礫岩」があります。この中に含まれる石灰質の礫の中には、ペルム紀(約3億年前)に栄え、ペルム紀末(約2.51億年前)の「生物大絶滅」で滅亡したフズリナ(紡錘虫)の化石が大量に見出されます。

◎RIMG0043 今回展示のフズリナ(紡錘虫)化石は、地元在住のスタッフが、毎日のように海岸や岩場を歩いて礫を集め、磨き、千葉科学大学の先生に同定して頂いた、貴重なものです(右2枚目写真) 。   

 また、現生の、約320種に上る貝類の標本は、 スタッフの親子孫三代に亘る成果です。何れも、小学生時代に集め、地元の貝類研究家や千葉県立中央博物館の先生方に同定して頂いた、学術的にも貴重なものです (左2枚目写真) 。
 現生の貝の種類の多様性は、銚子沖で接する 黒潮 と親潮が、暖流系と寒流系の双方の種をもたらしたものでしょう。
泥岩中の琥珀11308Ed  太平洋に突き出た海辺の町・銚子の家族ならではの展示です。 
  貝の分類の詳細が分らない場合でも、美しいピンクの桜貝や大型のタイラギ、格好イイ(けれど少し怖い)ボウシュウボラ(房州産の法螺貝)には目を惹かれます。 

 銚子半島の東海岸では、ジュラ紀の岩盤の上に、白亜紀の浅海に堆積した、主に陸源性の堆積物が載っています。当時の植物が炭化した珪化木・石炭・泥岩などが、 波に浸蝕されて路頭した結果、 樹脂 の化石である「琥珀」が見つかることがあります(右3枚目写真)。大きくて立派な「銚子産琥珀」は、 銚子市青少年文化会館に展示されています。

◎RIMG0055 銚子の琥珀は、1億1千万年~1億年前の、日本最古のものです。たまに、ユスリカなどの昆虫が含まれた「虫入り琥珀」が見つかり、これらは、レバノン産に次いで、世界で2番目に古い「虫入り琥珀」、と同定されています。このうちの1つは、千葉県立中央博物館に展示されています。 
 今回展示の「2匹虫入り琥珀」は、それに匹敵するものです。地元愛好家が発見されたものを、特別に、ご好意で展示しています。    

 一番奥のコーナーは、銚子電鉄と「銚子ジオパーク推進協議会」とのコラボによる、「ジオ鉄」の展示です。
◎RIMG0050  今回の『めざせ!「銚子ジオパーク」 展』に先行する、6月16日~7月16日に開催されていた 『銚電からのメッセージ』で展示されていたものの一部を、 銚子電鉄の方々に残して頂き、長らく懸案となっていた協同企画=「ジオ鉄」が、ここに幕を開けました。 

 セピア色の写真の数々は、 昭和レトロの懐かしい銚子電鉄と、それが走る銚子の街並みを、巧みに切り取って、飽きることがありません。地元画家サイトウヒロミチ氏による、銚子電鉄とその沿線に題材を取った絵画も展示されています。
  銚子電鉄の可愛い車輌模型群も並んで、夏休みの子供達を惹き付けています(左3枚目写真と右4枚目写真) 。 
  
◎RIMG0064 皆様も、この盛り沢山な夏の企画展へ、是非、お越しください。

 地球展望館は、「高神愛宕山」の山頂にあるため、庭の殆どが斜面になっています。その斜面を上手く利用した庭園は、四季折々の花に彩られ、今は夏の花が盛りで、展望館の行き帰りに楽しむことができます(左4枚目写真)。

  また、展望館脇の標高73.62m「一等三角点」の奥には、愛宕山の名称の由来ともなっている「愛宕神社」の、石造の祠と玉垣があります (右5枚目写真) 。 TakagamiAtagoJinnjaEd
 外の道路から展望館へと続く坂道入り口の両脇に立つ、丈の高い石灯籠も、ここが神社であることを気付かせてくれ、山頂に祠があることを予告しています。 この石灯籠は「愛宕燈籠」と呼ばれ、火難除けの「愛宕信仰」の遺物です。

 江戸期には、村々に「愛宕講」があり、年に一度、火の神を祀る京都の「愛宕神社」へ代表がお参り(代参)して戸数分のお札(火廼要慎)を貰って帰り、各戸に配り、それを、カマド近くの柱に貼って、火の用心のお守りとしたそうです。
 かつて、 「愛宕灯籠」には、毎夜、灯明が灯されたということです。 
 展望館からの帰り際に、石灯籠を見上げていると、明るい夏の陽光のもとに、一瞬、ほの暗い歴史が、影帽子のように立ち上がって来ます。