中央構造線

「下仁田ジオパーク」訪問

 11月12日に「下仁田ジオパーク」(群馬県甘楽郡下仁田町)へ行ってきました。

中央構造線_下仁田
 観光ボランティアの方がガイドをしてくれました。下仁田には半日滞在し、ジオサイトを2か所見ることができました。
 下仁田は、銚子と同じく、ジオサイトがコンパクトに纏まっていて、次のジオサイトにもすぐ行けるのが特徴です。 

 
下仁田町川井で見られる「中央構造線」の露頭(左写真)は、関東では最大規模の露頭です。

根なし山_滑り面Ed
 手前は「中央構造線外帯」の緑色片岩です。向こう側は中央構造線内帯「下仁田層」の砂岩です。
 幅広い破砕帯によって、断層の大きいことがわかります。断層面には、幅約2mの黒色の断層粘土が見られます。

 次に、「根なし山の滑り面」(右写真)を見てきました。青倉小学校前を流れる青倉川の対岸(右岸)の断層です。断層は、川岸の崖に約25mにわたり露出しています。
 断層面は上下2段に分かれています。
 上盤の黒ずんだ塊状の岩体は、中生代白亜紀に海底に堆積した砂質泥岩で、「跡倉層」と呼ばれています
 下盤は青緑色の岩体で緑色片岩です。
中古生代の地層が、大きな圧力を受けてできた変成岩です。
 
下仁田自然史館Ed 上盤が下盤より固く、出っ張っていて風化・侵食に強いのが分ります。また、上盤の「跡倉層」を下から見ると、ずり動いた後のスジが無数に見られます。

 青倉小学校は、生徒数の減少により廃校になりました。
 現在では、「下仁田自然史館」(
左写真)として、ジオパークの資料などを展示しており、下仁田ジオパーク活動の拠点になっています。
 
 上記のような地層の説明は、一緒に行った人にとっては、難しかったようです。
 
 食関係では、「下仁田かつ丼の会」がやっているスタンプラリー、「こんにゃく手作り体験」のチラシを貰ってきました。

2012基礎講座 第9回 プレート・テクトニクス/修了試験

6月28日(木)午後7時~8時半に、 基礎講座の第9回が開催され、50名近い参加者がありました。 今回は、千葉科学大の学生さん達が、 教室前に幟旗を立て、テーブルを出して、受付などの事務処理を行いました。

 今回のテーマは『プレート・テクトニクス』で、安藤先生の講義です。 
 先ず、地球の層構造~地磁気を、「地学図表」P.29~33を参照しつつ解説。
 
 1.2万km離れた東太平洋海嶺で生まれた太平洋プレートは、8cm/年ずつ西に移動し、1.5億年かけて日本列島までやって来るそうです。
PlumeTechtonics1627 発散型境界では、玄武岩質マグマが供給され、東太平洋海嶺や大西洋の中央海嶺だけでなく、陸上でも、アフリカの大地溝帯やアイスランドにあり、これらに は、大規模な正断層が発達しています。  
 収束型境界のうち、島弧-海溝系は主として環太平洋にあり、地中海にもあります。

 日本列島の東側では、東北部は北米プレートに太平洋プレートが東から日本海溝で沈み込み(10cm/年)、中部は フィリピン海プレートに太平洋プレートが東から伊豆小笠原海溝で沈み込み、南西部はユーラシア・プレートにフィリピン海プレートが南から南海トラフで沈み込む(4cm/年)、収束型境界となっています。また、プレートの三重会合点が房総半島沖と静岡(糸魚川-静岡構造線の南端)の2箇所あります。この 三重会合点は、地殻変動が少く、安定していると言われています。
 
 東北日本と西南日本を分けるのは、阿武隈帯の西縁を通る棚倉構造線です。日本の大断層の一つ、フォッサ・マグナは、西縁が糸魚川-静岡構造線、東縁は(不明瞭ながら)柏崎-片貝線という説もあります。西南日本を南北に分けるのは、中央構造線です。中央構造線の北側を西南日本内帯、南側を西南日本外帯と呼びます。 中央構造線は、関東山地を通り、東端は(不明瞭ながら)大洗(茨城)とする説があります。
 
 中央構造線に接して、北に高温型の領家変成帯、南に高圧型の三波川変成帯が位置します。この何れも、ジュラ紀の付加体ですが、元々は別の場所にあり、白亜紀に左横ずれ断層で移動した結果、今では接していると考えられています。これらが変成岩になったのは、白亜紀の花崗岩マグマの貫入に依ります。三波川変成帯の南にジュラ紀の秩父帯、その南に白亜紀~第三紀の四万十帯が位置します。
 房総半島では、南の嶺岡山系が四万十帯、その北が秩父帯で、三波川帯は茨城にあるとされています。
 秩父山系の白亜紀の山中(サンチュウ)地溝帯の瀬林(セバヤシ)層にも、犬吠埼に似た白亜紀の浅海堆積物があり、秩父の方では恐竜の足跡化石だけでなく、骨も出土しました。 犬吠埼の足跡化石はどうでしょうか?
PlateTransForm1629Ed
 地球の歴史には、地殻を含むプレート移動の契機となるマントル対流だけでなく、内側の(液体になっている)外核との境界からのプルームの上昇流と、マントルの下降流が関係している、と考えられており、この理論を『プルーム・テクトニクス』と呼びます。 

 日本列島は、古来から現在の位置にあったのではなく、古代の南半球から移動して来たとされています。
 銚子から見た日本列島の歴史は、ジュラ紀の付加体としての愛宕山層から始まります。

 白亜紀(1億4550万年前から6550万年前)は、温暖化と高海水準で特徴付けられる激動の時代です。 アジア大陸への付加体だった日本列島の部品としての島々は、 白亜紀前期に、左横ずれ断層により、当時のイザナギ・プレートに乗って北上したのだそうです。 また、白亜紀i後期に、房総半島南部では、四万十帯がジュラ紀の付加体(秩父帯)の下に潜り込んで、一部で激しい隆起を起こしました。日本列島は、白亜紀には、2,000~3,000km(10~15cm/年) 北上したという説もあります。イザナギ・プレートは、白亜紀の終わりまでに全て陸側プレートの下に沈み込んで、消滅したということです。

 新生代第三紀漸新世(2,500万年前)~同中新世(1,450万年前)には、日本海が開く前後の活動があり、アジア大陸の辺縁から日本列島が分離、現在のフォッサマグナ部分で観音開き状に列島弧を約45°回転させました。この結果、フォッサマグナ部分が大きく陥没しました。この頃、火山フロントがあった銚子では、宝満と黒生で火山活動がありました。この時代、イザナギ・プレートに替わり、太平洋プレートとフィリピン海プレートが登場しました。

DSC01631 後半30分は、坂本先生出題の修了試験で、資料持ち込みなしの筆記試験でした。
 去年より受験した人が少ないことが、少し気になりました。

 答え合わせと合否の発表は来週です。合格したら、秋のマスター・コースに進級できます。
 マスター・コース を修了すると、ガイド・マスターの誕生です。
 今年の銚子は、ジオパークに申請していることもあり、ガイド・マスターが増えることを願っています。

 今年は、秋にもう1回、基礎講座の開催を予定しています。 今回、都合がつかなくて基礎講座に参加できなかった皆様、秋の基礎講座へお越しください。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ