名洗層

大潮の日に宝満で有志観察会(その2)

DSC01380ed 大宝満を降りると、西の長崎海岸から遠望していたのとは異なり、V字谷風になっているのは外側だけで、内側には、広い岩畳がありました。大宝満を覆っていた黒っぽい溶岩はここにはなく、下の灰白色の岩が剥き出しになっています。

 岩畳に腰を下ろして西北方向を見ると、V字の間から、犬吠埼灯台が遠望でき(左写真)、仲々の眺めです。写真をダブルクリックすると、拡大し、岩体の様子や犬吠埼灯台がよく分かります。

 一休みして、次は小宝満に登りました。 宝満全体が南に向かって傾斜しており、北の大宝満は高く、南の小宝満は低くなっています。さらに、小宝満の溶岩は、西の陸に近い側で分厚く、東の太平洋側で薄く、下の灰白色の岩が剥き出しのところ(右下の写真と左下の写真)も、少なくありません。
 写真をクリックすると、拡大し、岩の様子がよく分かります。 
DSC01390[1] この 灰白色の岩は、夫婦ヶ鼻層の凝灰岩というよりも、白亜紀前期の酉明浦層~長崎鼻層の砂岩のように見えます。 凝灰岩が太平洋の荒波に浸食された結果、さらに古い時代の岩体が露出したのでしょうか?
 西側には、玄武岩の団塊が並んだ箇所があり、これらは海中を流れたものと推察されました。

 宝満全体は、下部が夫婦ヶ鼻層 、上部が溶岩ですが、北ほど溶岩が分厚いのは、噴火口が北部にあったことを表わしています。 噴火口の位置は、今も特定されていませんが、二酸化珪素を多く(53.5%以上)含み、粘度の高い古銅輝石安山岩が、大宝満を分厚く覆っているところからも、北部の大宝満の近辺が想定されます。  
 当時は 浅い海底にあったと見做される北部の夫婦ヶ鼻層に、マグマが地下から貫入して噴出し、溶岩流が南部の小宝満まで、海の中を流れたのでしょうか?
 日本海が開く前夜の約2100万年~2000万年前(新生代・新第三紀・中新世)には、火山フロントが銚子の東海岸沖にあったことは、昨年暮れの見学会で確認した黒生漁港突堤脇の古銅輝石安山岩を含め、驚きの事実です。因みに、現在の日本列島の火山フロントは、はるか西部の山岳地帯に後退しています。
 
DSC01392[1] 11:50を回ったので、帰途に着きます。 これからは潮が満ちる一方なので、長居はできないと知りつつ、 潮溜りを覗き込みます。行きには小さかった潮溜りが拡大し、アメフラシが何匹も蠢いています。よく見れば、ムラサキウニが敷き詰めたように並んでおり、岩を横切るカニの数も増えています。

 岩石海岸のトラバース??は、行きより帰りの方が時間が掛かります。潮溜りがあちこちに増えて、足を取られる回数も増えます。道路の擁壁を東に回りこむと、転石の中に、気泡の通り抜けた孔が 無数に開いた溶岩が幾つも見られ、色も、黒だけでなく、オレンジや赤があって、含有成分の差によるものと思われました。
 
 転石に混じって珪化木もチラホラ。先週の山田講師の話を思い出し、「この辺りの 珪化木なら、琥珀が含まれていても不思議はない」と思いました。サメの歯やクジラの耳骨も、見つかるかも知れません。アンモナイトが含まれている可能性のあるノジュールらしき転石も、幾つかありました。訪問者には、この環境を大切にして、破壊行為をしないで頂きたいと思いました。

DSC01393ed2 酉明浦~長崎鼻にかけては、中新世の夫婦ヶ鼻層の上に、約500万年前(新第三紀・鮮新世)の名洗層の基底礫岩が、不整合に堆積していることで知られています。
 さらに、 夫婦ヶ鼻層が浸食で失われている部分では、白亜紀前期の 酉明浦層~長崎鼻層の上に直接、 鮮新世・名洗層の基底礫岩が、不整合に堆積しています。
 従って、長崎海岸では、白亜紀の化石を含む転石と、 中新世の安山岩~玄武岩の転石が、同時に見られる結果となっています。

  岩が途切れた僅かな砂浜にハマエンドウが群落をなし、今を盛りと咲く花の青紫色が、ハッとするほど美しく、強い印象を残しました。「この群落が何時までも、この地に残りますように」と、祈る思いです。 
  
 今日の観察会の締めは、  名洗層の基底礫岩の観察です。ここで、経験のあるBさんが活躍。貝類化石などを多く含む基底礫岩を、転石の中から見つけ出し、皆に示してくれました。Bさんに感謝。
 
 帰り際には、塩辛い温泉の足湯で、5月の青い海と犬吠埼灯台を眺めながら  岩石海岸で疲れた足を癒すことができました(写真右上)。

4月28日(土)基礎講座・野外見学会_屏風ヶ浦

 4月28日(土)10:00~14:00に、『銚子ジオパーク推進市民の会』の主催・千葉科学大の共催で、2012基礎講座・見学会第1回が、屏風ヶ浦で開催されました。
 銚子マリーナ前の千葉科学大の駐車場に、マスコット・キャラの「超Cちゃん」をあしらった千葉科学大の幟旗と、新しく登場した銚子ジオパーク推進協の「めざせ!銚子ジオパーク」の幟旗を立て、受付テーブルを出して、お客様を迎えました。
 今回は、GW初日にも拘らず、千葉科学大の1年生70名を含む、150名以上の方がお見えになりました、
 午前中は、毎回10数名の1グループに1人ずつ、「市民の会」ガイドが付きました。人数に余裕のあった午後は、6~7人の1グループに1人ずつ、「市民の会」ガイドが付きました。
DSCN1314
 
 ガイド内容の概略は以下の通りです。 
 (1) 屏風ケ浦の成り立ちと関東平野の地下構造
 (2) 犬吠層群の各地層の特徴
 (3) 名洗層内の火山灰層を鍵層とする地質時代の解析
 (4) 前浜・外浜と新しい漣痕の形成
 (5) 波浪による浸食、および地層保全vs国土保全
 (6) 断層の特徴と、3.11とその後の地震の影響
 (7) 夫婦ケ鼻―萱刈島断層と屏風ケ浦の不連続性
 (8) 未処理排水の流入度、および海水・生物への影響度 
 右上写真は、名洗遊歩道で屏風ヶ浦の解説をするガイドと、見学の大学1年生と市民。
 
 名洗層は、新生代のうち、新第三紀・鮮新世(約500万年前~)から第四紀・更新世(~220万年前)迄の長期に亘って海中に堆積した地層で、その内部に、筋状の火山灰層を幾重にも挟んでいます。
 上記(3)では、第三紀/第四紀境界(約258万年前)に近い約250万年前の火山灰層に含まれるザクロ石の化学組成と粒径の傾向を、 南関東の愛川町~鎌倉市~江東区~銚子市にかけての上総層群相当地域で調査し、丹沢山系の火山爆発の影響を立証した、2010年の田村氏らの研究成果が、その2cmほどの厚さの地層を目の前にして、紹介されました。
DSCN1310 今回は特に、大学1年生のグループに課題を出して、Na-G(ガーネット層)の連続する範囲を特定する作業を行って頂きました。名洗漁港手前から名洗遊歩道入口まで確認できました。
 上記(6)では、Y字の正断層を前に、「どちらの断層が先に発生したか?」大学1年生のグループにディスカッションをして頂きました。結論を市民ガイドが解説し、先に発生した断層の痕跡を確認して頂きました。
 また、3,11とその後の地震で崩落した名洗層の土砂の残骸を、それぞれの場所にご案内して解説し、地震への危機意識を高める模式地としての意義も確認しました。
 左上写真は、マリーナ駐車場前で見学のまとめをするガイドと、大学1年生。
 
 名洗層は、犬若海岸を目前にした犬若岬の西部から始まり、潮見町の銚子マリーナのある湾でカーブし乍ら、刑部岬手前の大谷津近辺まで露頭が見られますが、半島東北部の夫婦ケ鼻とマリーナ港内の萱刈島とを結ぶ断層で、一旦、区切られています。
 この断層の西側では、より古い第三紀・鮮新世の名洗層の大半は地下に潜り、より新しい第四紀・更新世の名洗層が主に露頭しています。
 この断層の東側では、より新しい更新世の名洗層は外川から続く台地の周縁部に見られます。より古い鮮新世の名洗層も、所々で関東ローム層の間から顔を覗かせています。
 上記(7)の萱刈島は黒生チャート・愛宕山・犬岩・千騎ケ岩と同様、ジュラ紀の地層からなります。
 今回は、時間と人数の都合で、マリーナ港内の萱刈島はご案内できませんでした。

2012基礎講座 第1回 地球の歴史

Uketuke0419-001 4月19日(木)午後7時~8時半に、 基礎講座の第1回が開催され、90名程の参加者がありました。

 今までは、「市民の会」の各種講座の事務処理や案内・受付は、千葉科学大の学生さん達で行なっていましたが、今年度から、「市民の会」のスタッフがこれを引き継ぐことになり、今回が練習の1回目です。
 手分けして、参加される方々の車の誘導を行い、また、教室前に幟旗を立て、テーブルを出して、受付(右写真)をしました。
 去年の学校教育支援でお会いした校長先生など、懐かしい方にも、お会い出来ました。

AkagiAisatu0419-001 講座の開講にあたり、「市民の会」の工藤会長、千葉科学大の赤木学長(左写真)、および講義担当の安藤准教授から挨拶があり、ジオパークのガイド養成講座の意義を確認しました。 
  基礎講座の修了試験に合格し、続くマスター講座を修了し、その間にガイドの演習を何度もこなしていくことで、2年掛けて、認定ガイドの養成を目指すということです。 

 今回のテーマは、「地球の歴史」です。
 地球46億年の歴史が、今迄、どのように解明されているか、解明するに当たって用いた手法はどのようなものか、そして、人類は、地球の歴史上で、どのような位置に立っているのか、人類の未来は?。。。と、壮大なスケールの講義が続きます。
  地球の46億年を24時間に当てはめると、人類の出現した258万年前 (新生代第四紀)は、45秒前に当たるそうです。 このささやかな存在でしかない人類が、5億年以上前の、カンブリア紀の三葉虫を調査しているのも、感慨深いことです。   
  
Jugyo0419-001 地質時代区分の講義(右写真)では、配布されたA3サイズの年代表を、学習者自身が工夫して色分けすると、理解が深まると、安藤先生からアドバイスがありました。
 相対年代による地質時代は、動物の進化を基準にして区分けされていること、植物は、それを捕食する動物よりも、先行して進化してゆくことが説明されました。
 
 銚子の地層で特筆すべき点(年代が新しい順)
① 屏風ヶ浦の名洗層に新第三紀と第四紀の境界があり、ほぼ、人類誕生の時代に相当する。
② 日本海が開き始める前の時代、夫婦ヶ鼻層にマグマが貫入し、 風変わりな成分構成比を持つ古銅輝石安山岩が露頭している。
③ 犬吠埼周辺には、 アンモナイトなどの浅海性堆積物を含む銚子層群の地層が露頭しているが、 銚子層群を含む白亜紀はまた、恐竜が跋扈した時代でもある。
④ ジュラ紀の愛宕山層群の堅固な地層が東海岸の基底にあることで、銚子半島の独特な形状が維持され、三方を水域に囲まれた海洋性気候で、漁業だけでなく、醤油醸造・キャベツ栽培・風力発電に成功している。
 
 稀有の僥倖に恵まれた銚子の地を大切にしたいと、改めて感じた、今日の授業でした。

月例見学会第3回_犬岩・千騎ケ岩・愛宕山(その2)

 前項(2)と(6)では、付加体成立よりもはるか後世における正断層発生後の、波浪浸蝕や風化に弱い泥岩部分の欠落による、海食洞千騎ケ岩空洞の成立をご説明。今日は波が荒く、海食洞を覗き込むと、打ち寄せる波に足元を掬われそうでした。海食洞には、陸側から投棄されたゴミが溜まっており、清掃が課題となりました。

  千騎ケ岩を特徴づけて いた留鳥としてのウミウは、 道路工事で立ち去った模様で、今は渡り鳥しか確認できません。ウミウに限らず、今年は、全国的に留鳥が激減しているというメジャーな情報があり、「放射能のせいでは?」とも囁かれています。

 
  前項(4)と(5)では、ここからスタートし屏風ヶ浦の名洗漁港を越えて大谷津辺りまで続く、火砕流火山灰に由来する名洗層をご説明。北風を遮る崖下には、ヒゲスゲ(左下写真)が開花中、イソギクも新葉を展開しています。この何れも、黒潮で運ばれた暖流性植物で、銚子が北限です。

HigesugeEd0324
 前項(9)では、海洋底の移動により、ジュラ紀(1.5億年前)に付加体が形成された際に、メランジュ状に破砕された海洋底由来の高神礫岩が、陸源性の硬砂岩泥岩内の随所に認められます。しかも、多くの高神礫岩中に、様々な形状のフズリナ(紡錘虫:ペルム期(古生代)の示準化石で約2.5億年前に絶滅)が認められます。
 また、高神礫岩中に含まれる花崗岩礫は、暗灰色の「角閃石黒雲母花崗閃緑岩」や白っぽいトーナル岩などから成り、磁鉄鉱を含み、K-Ar法で分析した結果、角閃石で2.7億年前、黒雲母で2.55億年前と判明しています。
 古生代の南半球に誕生した、日本列島を構成する部品としての地塊が、北半球の現在に近い位置まで、中生代に移動した様子に思いを馳せました。

 高神愛宕山の「地球が丸く見える展望館」の入り口左右には丈の高い「石灯籠」があり、建物左手には、「一等三角点」と、その奥に、石造の「愛宕神社」があります。明治25(1892)年設立の一等三角点「高神村」には 北緯 35°42’11”0300、東経140°51′24″4078、標高73.62mと表示されており、ここが銚子の中心。江戸期までは標高が80m以上あったという説があり、お客様と話に花が咲きました。

 今日は、雨雲が低く垂れ込め、展望館の屋上もお勧めではありませんでしたが、「日比友愛の碑」から見える水平線の向こう側には、フィリピンのマヨン火山(通称:ルソン富士)が、銚子との間に障害物もなく聳えているとのことです。今も噴煙を上げる活火山で、火砕流と溶岩流の繰り返しによって形成され、ほぼ完璧な円錐形をしていることから、“美しい”を意味する“マヨン”の名前が付けられ、かつて、日系人移民の間では、「富士山よりも美しい」と称えられた山容を持つそうです。
 戦火に散った日比両国の兵士や市民のことを、何時までも忘れないために、高神愛宕山の地が選ばれたのだそうです。

 お客様とガイドは、この碑の手前にあるアーチが、「3.11」や最近の震度5強の地震にもヒビ割れ一つないことに感心し、ジュラ紀の岩盤の硬さを称賛して、雨脚も強まる中、今日の観察会を終えました。

月例見学会第3回_犬岩・千騎ケ岩・愛宕山(その1)

InuwakaGuide0324 3月24日(土)10:00~14:00 に、「銚子ジオパーク推進市民の会+千葉科学大学」の主催で、『月例見学会_犬岩・千騎ケ岩・愛宕山』が、犬岩で開催され、40数名のお客様が参加されました。
 今回は、「~市民の会+千葉科学大学」発行のパンフレットにある「エリアB」のジュラ紀の岩体がメインテーマです。 
 朝7:00には、今にも泣き出しそうな空ながら、降雨量はゼロ⇒実施を決めました。今回は、犬岩千騎ケ岩愛宕山の3ヶ所をご案内します。
 スタッフは8:30に犬若青年館奥の広場に集合、(a)犬若青年館前と(b)犬岩前、および愛宕山の(c)展望館入り口に、マスコット・キャラの「超Cちゃん」をあしらった幟旗を立て、犬岩前に受付テーブルを出して、お客様を迎えました。また、テーブルの1台に、スタッフの1人が集めた「愛宕山の岩石+化石標本」を陳列しました。この頃から、絹糸のような氷雨が、また降り始めました。
 三々五々お見えになるお客様の小グループに対応して、随時、1~3名の「市民の会」スタッフがガイドを行います。その内容の概略は以下の通りです。左上写真は、ベテランガイドの犬若海岸での解説。Sengaiwa_120324
 以下で、(*)印は比喩です。 

 (1) 硬砂岩と泥岩、非マグマ起源の流離構造
 (2) 正断層(大構造)と海食洞、
   浸蝕と犬岩ファミリー(*)、
 (3) 正断層(小構造)と犬岩、犬岩の保護
 (4) 火砕流堆積物とアバット(不整合の一種)、
 (5) 名洗層の級化層理と斜交層理、
 (6) 千騎ケ岩(写真右)と空洞、
 (7) 義経伝説(犬岩・犬若岬・千騎ケ岩)、
 (8) 犬若岬と千騎ケ岩の崖地植物、ウミウ、
 (9) 付加体とメランジュと高神礫岩_「日比友愛の碑」周辺 

 今回は、中生代のジュラ紀(約1.5億年前)の愛宕山層を中心に、新生代の新第三紀・鮮新世(約500万年前~)の名洗層、および、後の時代に受けた変容にも触れます。
上記(1)では、犬若岬の弟犬岩(*)で、実際に、硬砂岩泥岩の硬さの違いを、お客様に確認して頂こうとしましたが、足元には投棄された板ガラスが散乱しており、ゴミの不法投棄に遮られる形となりました。弟犬岩(*)の崖上では、ハマボッスタイトゴメの肉厚の葉が、寒さで幾らか紅葉しながらも元気に生育中でした。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ