4月28日(土)10:00~14:00に、『銚子ジオパーク推進市民の会』の主催・千葉科学大の共催で、2012基礎講座・見学会第1回が、屏風ヶ浦で開催されました。
 銚子マリーナ前の千葉科学大の駐車場に、マスコット・キャラの「超Cちゃん」をあしらった千葉科学大の幟旗と、新しく登場した銚子ジオパーク推進協の「めざせ!銚子ジオパーク」の幟旗を立て、受付テーブルを出して、お客様を迎えました。
 今回は、GW初日にも拘らず、千葉科学大の1年生70名を含む、150名以上の方がお見えになりました、
 午前中は、毎回10数名の1グループに1人ずつ、「市民の会」ガイドが付きました。人数に余裕のあった午後は、6~7人の1グループに1人ずつ、「市民の会」ガイドが付きました。
DSCN1314
 
 ガイド内容の概略は以下の通りです。 
 (1) 屏風ケ浦の成り立ちと関東平野の地下構造
 (2) 犬吠層群の各地層の特徴
 (3) 名洗層内の火山灰層を鍵層とする地質時代の解析
 (4) 前浜・外浜と新しい漣痕の形成
 (5) 波浪による浸食、および地層保全vs国土保全
 (6) 断層の特徴と、3.11とその後の地震の影響
 (7) 夫婦ケ鼻―萱刈島断層と屏風ケ浦の不連続性
 (8) 未処理排水の流入度、および海水・生物への影響度 
 右上写真は、名洗遊歩道で屏風ヶ浦の解説をするガイドと、見学の大学1年生と市民。
 
 名洗層は、新生代のうち、新第三紀・鮮新世(約500万年前~)から第四紀・更新世(~220万年前)迄の長期に亘って海中に堆積した地層で、その内部に、筋状の火山灰層を幾重にも挟んでいます。
 上記(3)では、第三紀/第四紀境界(約258万年前)に近い約250万年前の火山灰層に含まれるザクロ石の化学組成と粒径の傾向を、 南関東の愛川町~鎌倉市~江東区~銚子市にかけての上総層群相当地域で調査し、丹沢山系の火山爆発の影響を立証した、2010年の田村氏らの研究成果が、その2cmほどの厚さの地層を目の前にして、紹介されました。
DSCN1310 今回は特に、大学1年生のグループに課題を出して、Na-G(ガーネット層)の連続する範囲を特定する作業を行って頂きました。名洗漁港手前から名洗遊歩道入口まで確認できました。
 上記(6)では、Y字の正断層を前に、「どちらの断層が先に発生したか?」大学1年生のグループにディスカッションをして頂きました。結論を市民ガイドが解説し、先に発生した断層の痕跡を確認して頂きました。
 また、3,11とその後の地震で崩落した名洗層の土砂の残骸を、それぞれの場所にご案内して解説し、地震への危機意識を高める模式地としての意義も確認しました。
 左上写真は、マリーナ駐車場前で見学のまとめをするガイドと、大学1年生。
 
 名洗層は、犬若海岸を目前にした犬若岬の西部から始まり、潮見町の銚子マリーナのある湾でカーブし乍ら、刑部岬手前の大谷津近辺まで露頭が見られますが、半島東北部の夫婦ケ鼻とマリーナ港内の萱刈島とを結ぶ断層で、一旦、区切られています。
 この断層の西側では、より古い第三紀・鮮新世の名洗層の大半は地下に潜り、より新しい第四紀・更新世の名洗層が主に露頭しています。
 この断層の東側では、より新しい更新世の名洗層は外川から続く台地の周縁部に見られます。より古い鮮新世の名洗層も、所々で関東ローム層の間から顔を覗かせています。
 上記(7)の萱刈島は黒生チャート・愛宕山・犬岩・千騎ケ岩と同様、ジュラ紀の地層からなります。
 今回は、時間と人数の都合で、マリーナ港内の萱刈島はご案内できませんでした。