6月14日(木)午後7時~8時半に、 基礎講座の第7回が開催され、50名近い参加者があり ました。 今回も、教室前に幟旗を立て、テーブルを出して、「市民の会」のスタッフが、千葉科学大の学生さん達と共に、受付などの事務処理を行いました。

DSC01568 今回のテーマは『マグマの発生と火成岩の分類』で、坂本先生の講義です。最後10分間、安藤先生の『古銅輝石安山岩』の補講がありました。
 
 坂本先生の講義は、地球内部のどこにマグマがあるか、という話から始まりました。

 地震発生時に、ドスンと揺れるP波より遅れて来るユラユラ揺れるS波は、液体内を 伝播しないことが分かっているため、プレートの下限より少し下(地殻下部からマントル上部、地下50km~100km)のどこにでもマグマがあるのではないことが証明されるそうです。
 地震波トモグラフィーを見ると、日本海溝や中央海嶺の付近は、地震波の伝播速度が遅く、マグマの上昇と関連しています。
 マグマが上昇してくると長周期の揺れが発生し、これは地震より予知が容易いそうです。

 マグマの温度=500℃~1200℃は、案外低いので、これでは溶けない金属がかなり有りそうです。
 岩石の生成過程を見ると、火成岩だけでなく、変成岩も堆積岩ですら、結局、地表の岩石は、マグマに起因して生成されるように思われます。

DSC01572  スライド(左写真上)や地学図表(p.17)で示される「火成岩の分類」 表は、何回見ても大変役に立ちます。 

 中央海嶺を初め、海洋性のマグマは、圧倒的に玄武岩質なので、 玄武岩質マグマからの、冷却に伴う鉱物の晶出過程に関する、「ボーエンの晶出順序」表は、多くの溶岩地帯でフィールドワークに使えそうです。

 坂本先生が持参された岩石を、講義終了後に、多くの受講生が見物しました。ずっしりと重いかんらん岩は、これがマントルを構成するのかと思うと、感無量でした。小諸産の輝石安山岩は、銚子の古銅輝石安山岩と違い、かなり白っぽく見えます。 受講生に人気があったのは黒曜石で、古代から物を切る道具に使われてきただけあって、非常に鋭い断面をしていました。

DSC01580  講義の最後10分間に、安藤先生が登場、『古銅輝石安山岩』の補講がありました。地下のマントルの動き、マグマの発生と分化のプロセスが、 板書を駆使して、丁寧に解説されました(写真左下)。

  日本の火山では、沈み込む海洋プレートから、1400℃のマントル・ウェッジに、大量の水が供給されることによって、マントルを構成するかんらん岩の融点が下がり、マグマが生成される 、という前回のおさらいも、『マグマの発生と火成岩の分類』の講義の後に解説されると、より良く分かりました。

 「安山岩質マグマの発生」では、 2種のパターンが順を追って解説されました。 
 (1) 海洋地殻からの水の供給により、マントル・ウェッジ自体から、①Mgに富む玄武岩質マグマが、次いで、②安山岩質マグマが、結晶分化する。結果、玄武岩質と 安山岩質が共生する。 
 (2) 高温のマントル・ウェッジに触れて、 海洋地殻自体が溶けて発生する流紋岩質マグマ(酸性)と、上部マントルのかんらん岩を溶かし込んだ玄武岩質マグマ(塩基性)が、マグマ・ミキシングを起こし、中性の安山岩質マグマが発生する。

 黒生は、(1) のパターンで説明がつくそうです。(1) の説明は、先週よりも格段に分かり易いものでした。

 今回も、休憩時間に、 熱心な受講生達が先生の回りに集まって、質問をしていました(左上/右上の写真)。