5月31日(木)午後7時~8時半に、 基礎講座の第5回が開催され、80名近い参加者があり ました。 今回も、教室前に幟旗を立て、テーブルを出して、「市民の会」のスタッフが、千葉科学大の学生さん達と共に、受付などの事務処理を行いました。

DSC01511  今回は、「地層の重なりと地殻変動」で、坂本先生の講義です。
 スライドの他に板書も駆使されて、丁寧に地層のでき方と重なり方を解説されました(写真右上)。

 雨や風化による地表の浸食、河川・海への流入と堆積、嵐のうねりによる堆積物の移動、海進・海退による海面の変動が、周期的に繰り返された結果を、後世の人々は 観察しています (写真左上) 。
  前の周期と次の周期では、環境条件も、流入する土・砂・礫の種類も、異なるために、 層と層の間に目視できるような層理面が形成され、地層として認識できるようになります。 
DSC01505 浅海では、地層の堆積する様子が如実に分かり、白亜紀の浅海が地表に現れている犬吠埼では、これが良く保存されているため、いつでも身近に観察できる優れたジオポイントとなっています。

 これが北海道の白亜紀の地層を観察するのであれば、「原始の森に分け入り、ヒグマ用の鈴を鳴らしながら、目的地を目指すことになる」とは、先日の犬吠埼の見学会で、訪問者の方から伺いました。

DSC01519
 今回も、休憩時間に、 熱心な受講生達が先生の回りに集まって、質問をしていました(写真右下)。 

 後半の講義の冒頭で、坂本先生は、主要な質問への回答として、活断層とそれ以外の断層の違いを解説されました。
 活断層は、過去にその場所で複数回の地震が発生している場合に命名されるそうです。

 「3.11」以後も「千葉東方沖地震」が頻発していることや、つい最近発表された房総半島におけるM8以上の地震発生確度の高さから、活断層への関心は、受講生の間にも高まっていることが分かります。

  後半のテーマは、 地殻変動です。正断層・逆断層・横ずれ断層の違い、背斜・向斜などの用語の定義を学ぶとともに、断層と褶曲ができる条件の違いを学びました。より軟質・ より高温の地層は、水平圧縮力により、褶曲しやすいと。

DSC01504 犬吠埼の浅海堆積物が形成された中生代・前期白亜紀よりも後の時代、中生代・後期白亜紀~新生代・中新世に犬吠埼で起きた多くの褶曲は、日本海が開こうとする圧力と、太平洋プレートが当時の陸側プレートの下に沈み込む際の圧力により、東西方向の強い圧縮力を受けた結果とされており、この時代、マグマが地下の浅い位置まで上昇していたことを伺わせます。

 興味深かったのは、正断層に見えても実は逆断層の場合があること、日本列島のように、海側のプレートに押されている場合は、引張力は余り働かず 、逆断層のケースが圧倒的に多い、という解説でした。

 多くの褶曲が起きたよりも後の時代に、犬吠埼を中心とする東海岸で、褶曲を切る、南北方向に発生した多くの断層も、逆断層と考えるのが自然なのでしょう。