P1150890-001 今日、11月3日(文化の日)は、千葉科学大学で行われていた「銚子ジオパーク市民講座マスター・コース」の卒業式。その前に、銚子海洋研究所のフリッパー号に乗っての「屏風ヶ浦クルーズ」が、卒業前のイベント。 

 
朝から泣き出しそうな空だったのが、午後にはなんとか持ち直したので、2回に分けて、無事に乗船。乗客は、市民講座の受講生+学生さん。波が荒いと聞いていたので、お店で乗り物酔い止めのドリンクを飲んでおきました。市民は1回だけですが、安藤先生は、解説のために2回とも乗船で、お疲れだったことでしょう。

P1150872_senngaiwa
 フリッパー号は、7月~10月の「沿岸クジラ・ウォッチング」の季節が終わり、11月~12月は、「沖合クジラ・ウォッチング」の季節に入りました。
 今日の波高は1mだそうですが、船の揺れること。船内を歩くのに、ものに掴まらずにはいられません。
 乗船して程なく、数人のメンバーと舳先(ヘサキ)、そして艫(トモ)へ移動。船は、義経の郎党千人が潜んでいたという伝説のある、ジュラ紀の付加体千騎ヶ岩の後ろ姿(右の写真)と、主君を慕って七日七晩泣き続けた若丸伝説のある、耳が可愛い、こちらもジュラ紀の付加体犬岩の後ろ姿(左上の写真)を見ながら、屏風ヶ浦へ向かいます。