飯岡層

青空の下、「東海岸・岩礁地帯の見学会」(その2)

ByobuDaichiUe20111210 (5)長崎鼻では、干潮時には徒歩で行ける浅い海中に、大宝満・小宝満が望めます。今日は島へ渡れず、噴出した古銅輝石安山岩による、夫婦ヶ鼻層への貫入や巻き込みは、見ることができません。ふと気付けば、遠くに刑部岬が見えます。
 (6)長崎海岸では、周辺から採取したと思しき、黒くて丸い礫岩が、民家の垣根に使われている様子を観察。

 (8)大谷津では、先ず、下総台地の頂上に上り、犬若岬から刑部岬までの海食崖を観察。今は海中に没した佐貫城と、そこに逗留したと伝わる義経や、城主・片岡常春、奥州・衣川に散った弟・為春の命運に思いを巡らせ、渡る海風も「諸行無常」と吹くように思いました。

 次に、海岸の、テトラに近いコンクリート上に降りました。ここに来ると、日頃見慣れている名洗遊歩道からの名洗層を中心とした屏風ヶ浦とは異なり、飯岡層が中心になります。青灰色を帯びた泥質凝灰岩から成る飯岡層が、上部の香取層との境界から流れ落ちる湧水によって、白く輝いています。風化の激しい香取層は、屹立する飯岡層の崖面に流れ出して、随所でそこを覆っています。ここでは未だ飯岡層の下に名洗層も露頭しており、犬吠層群の3層すべてと関東ローム層が同時に観察できます。
 帰りがけに、飯岡層の上面からの清冽な湧水を、何度も確認しました。

 天候にも祝福されて、メンバーの誰もが市民レベルでの成功感を味わった、素晴らしい見学会は、午後3時で終了。
 休日に、ご家族づれで参加され、いろいろと教えて下さった、安藤先生に感謝いたします。

フリッパー号で屏風ヶ浦クルーズ(その2)


20111227022046
 船は、グングンと、屏風ヶ浦に近づいて行きます。午後の日を受けて、青みを帯びた灰色に輝く飯岡層が、目前に屹立して、左右に広がります。
 風化の激しい香取層は、湧水によって谷を刻み、飯岡層の上面まで削って、さらに谷を深くしています。

 洪積世に海中にあって平坦に堆積していた筈の下総台地も、海退によって地上に現れてから10数万年、今では、随分と凹凸が激しくなっていることを、実感しました。台地の表層・関東ローム層の上には、キャベツ畑の中に、風力発電機のプロペラがゆっくりと回っています。

 船が、荒波によって崩壊した通漣洞の沖合を通る頃、安藤先生が、延命姫伝説の解説をされています。通蓮洞で太平洋に注ぐ磯見川には、今でも、トウキョウサンショウウオゲンジボタルが生息するなど、生物多様性に富んだ水辺があると聞いています。アクセスの不便さが幸いしているかも知れません。

 刑部岬に近い台地上に、廃棄物の最終処分場が建設されたのは、飯岡層の不透水性を利用するためだと、安藤先生の解説が続きます。

 海に落ち込む刑部岬を洗う波しぶきを見ながら、船はゆっくりと回転します。帰路は、往路の2倍は出しているかと思われるスピードで、外川港に向かいます。

 日頃は、崖下の通路も半ば海中に没しているために、近づくことのできない飯岡層の全景を把握することのできた、フリッパー号のクルーズでした。船長さん、安藤先生、有難うございました。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ